長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム長期入院の際の付き添いにもウィークリーマンションはアリ!

入院の付き添いにウィークリーマンション

入院の付き添い

ウィークリーマンションの利便性はとても高く、様々なシーンでたくさんの方に利用されており、その利用方法の1つに長期入院の付き添いがあります。なぜ、長期入院の際の付き添いにもウィークリーマンションは利用されているのか、その理由をご紹介します。

入院の付き添いにウィークリーマンションが適している理由

近年は医療技術の進歩によって入院期間の短期化が進んでいるとはいえ、病気の重さによっては長期入院を余儀なくされるというケースも見られます。ご家族の入院先が自宅から近い病院であれば、毎日出向いて付き添いをすることも可能ですが、大都市の大病院でなければ入院治療ができない病気で、ご自宅が地方にあるという場合にはそれも困難となります。病院内に付添人の宿泊設備がないことも多いため、そのようなケースはリーズナブルに滞在できるウィークリーマンションが最適です。

入院期間に合わせてウィークリーかマンスリーかを選択しよう

病気の種類によって入院治療期間が異なりますが、どの程度の長さになるのかは担当の医師に相談して大まかに把握しておくことが重要です。1週間から3週間程度であればウィークリーマンションを、1カ月を超える期間が想定される場合はマンスリーマンションを契約すると支払い費用が節約できます。長期間の契約になるほど1泊あたりの金額が低くなりますので、事前に付き添いに必要な期間を考えて適切な契約を行うと経済的にも助かるでしょう。また、病院への移動が便利な地下鉄の駅近くの物件を選ぶなど、立地条件もチェックしておくことをおすすめします。

ウィークリーマンションには他にもこんな良い面も

一定期間自分の部屋として利用することが可能なウィークリーマンションはホテルと異なり、キッチンがあるので自炊することが可能です。また、洗濯もできる物件が多くあり、滞在中の衣類の洗濯や病院にいる家族の衣類・タオル類などを持ち帰って洗うこともできます。ホテルではできない行動の自由さを得られるのがメリットといえるでしょう。

急な入院だからこそ少しでも負担を減らしたい

ご家族が突然に長期入院をすることになった場合には、まずはその病状が心配になるものです。とにかく健康になることが優先され、入院する本人の負担を少しでも減らしてあげようと考えるものです。しかし、長期間の闘病になった場合には経済的な負担にも目を向けなければならないため、比較的安価に滞在することができるウィークリーマンションの入居を選ぶと良いでしょう。ホテル滞在と比較すると、大きく出費を減らすことができますのでその分をご家族のためにお金を回すことが可能です。

おわりに

ウィークリーマンションは入居条件も比較的緩やかですので、お急ぎになっている長期入院の付き添いの方でも比較的スムーズに契約ができます。

設備も整い、費用もリーズナブルに済みますので、付き添いのための滞在が必要な場合にはウィークリーマンションの利用が比較的安価であると覚えておくことをおすすめします。

pagetop

HOME

マイページ