長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムウィークリーマンションは小さい子どもがいるファミリーも利用できる

小さい子どもがいるファミリーで利用できる

家族のだんらん

ビジネスマン用というイメージが強いウィークリーマンションですが、実は子どもがいるファミリーでの利用もニーズが増えてきています。家族で利用する場合に、特に気をつけたいことについてご紹介します。

気になる部屋の広さは?

ウィークリーマンションをファミリーで利用するなら、最低でも2LDK~、できれば3LDKの部屋を予約したいものです。必要な部屋の大きさは家族の人数や子どもの年齢にもよりますが、家族でくつろげるリビングの他に夫婦の寝室と子どもの寝室をそれぞれ用意できるのが理想です。子どもが1人の場合は2LDK以上の部屋を、2人いる場合は3LDK以上、3人の場合はできれば4LDK欲しいところではありますが、ウィークリーマンションで4LDK以上の物件はなかなかありませんので、3LDK以上の条件で探すと良いでしょう。

家族にとって暮らしやすい環境

ファミリーでウィークリーマンションを利用するなら、部屋の中のことだけではなく、周辺の環境が家族にとって住みやすいものかどうかも考慮する必要があります。例えば、そこから通勤や通学する家族がいる場合、交通手段が便利かどうか、最寄りの駅までの所要時間なども考えなければなりません。もちろんそこで生活をするわけですから、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど日常的なお買い物ができるお店が近くにあるかどうかも重要です。ファミリータイプのウィークリーマンションでいざというときの為に通える病院が近くにあるのかどうかもチェックしておきたいポイントです。幼い子どもがいる場合は公園なども近くにあると良いでしょう。

小さい子どもがいるときは注意が必要

小さな子どもがいる場合、騒音を気にする隣人がいる可能性もありますので特に注意が必要です。家族にとっては泣き声や騒ぐ声、走り回る足音など日常的に感じるものであっても、人によってはそのような物音に慣れていない人もいます。なかにはトラブルを最初から回避するために幼い子ども連れの入居を禁止しているような物件もあります。小さな子どもと一緒に入居を考えている場合は、運営会社に入居可能かどうかを確認し、近隣住民に迷惑がかからないかよく確認したうえで契約するようにしましょう。

家族で住むことが意外とある

ウィークリーマンションというと、単身赴任の会社員や出張中のサラリーマンが利用するイメージが強いかもしれません。しかし、最近では子どものいるファミリーで借りて住むケースも増えてきています。例えば期間が限定の転勤の場合は、普通の賃貸を借りるよりも家具や電化製品が一通りそろっているウィークリーマンションの方が便利です。また、家族旅行や、受験のために短期間だけ借りたいというケース、自宅の改装中の仮住まいなど、さまざまな需要があります。

おわりに

使い方によってはとても便利なウィークリーマンションは、単身者用の物件だけではなく、

2LDK以上のファミリー向けの物件も増えてきています。周辺環境など子どもがいる場合注意したい点がいくつかありますが、短期間で借りることができるので気軽に利用してみるといいでしょう。

pagetop

HOME

マイページ