長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムウィークリーマンションの入居審査、保証人の必要性について

ウィークリーマンションの入居審査、保証人の必要性について

ウィークリーマンションの入居審査、保証人の必要性について

一般的に賃貸住宅を借りる場合は、入居審査や保証人が必要です。入居審査に通らなかった方や保証人がいない方は、賃貸契約を結ぶことができません。
では、ウィークリーマンションを借りる場合は、一般的な賃貸契約と同じように入居審査や保証人は必要になるのでしょうか。今回は、ウィークリーマンションの入居審査、保証人の必要性についてご紹介します。

物件を借りるときに必要な入居審査、保証人とは?

入居審査とは?

入居審査とは、トラブルを起こさない方かどうかを見極めるために行われる審査です。
主に、「家賃を支払えるか」「定期的に収入のある職業についているか」「年収」などを確認します。他にも近隣住民に迷惑をかける方でないかも確認されます。

保証人とは?

保証人とは、入居者が家賃を支払えなくなった場合に、入居者に代わって家賃を支払う方のことです。一般的に、賃貸物件を借りる場合は、「連帯保証人」が必要となるケースがほとんどでしょう。

ウィークリーマンションでも入居審査、保証人は必要?

ウィークリーマンションを借りる場合、入居審査や保証人はほとんどの会社で必要です。なお、審査のために必要な書類や審査内容は、統一されているわけではなく、管理会社によって異なります。

例えば、個人契約の場合、身分を証明できるか、職についているかなどが審査され、また保証人を1人以上つけなければならない場合があります。
法人契約の場合は、怪しい会社ではないか、怪しい方がいないかどうかを中心に審査されることがほとんどです。そのため、会社の概要が記載されたパンフレットや案内、または会社登記簿謄本の提出が必要になります。また、法人契約であっても、保証人が必要になる場合もあるでしょう。

入居審査や保証人制度は、トラブルを防止するために存在します。入居審査や保証人制度がなければ、どのような方が入居しているのかわかりません。
そのため、事件に巻き込まれるというケースも考えられます。安心して生活を送るためには、入居審査や保証人制度が大切になるのです。

おわりに

ほとんどのウィークリーマンションでは、入居審査や保証人が必要です。

法人契約の場合は、まとめて書類を提出することがほとんどですから、審査や入居までにかかる時間を短縮できる可能性があります。そのため、長期出張や社宅としてウィークリーマンションを利用する場合は法人契約がおすすめです。

pagetop

HOME

マイページ