長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム意外と知らない!ウィークリーマンションの来客・友人の宿泊時の注意点

意外と知らない!ウィークリーマンションの来客・友人の宿泊時の注意点

意外と知らない!ウィークリーマンションの来客・友人の宿泊時の注意点

ウィークリーマンションは、単身赴任や長期出張時の滞在先として、多くの企業に利用されています。なお、ウィークリーマンションには、来客を部屋に入れたり、友人を宿泊させたりする際に、注意しなければならないことがあります。
今回は、ウィークリーマンションの来客・友人の宿泊時の注意点についてご紹介します。

ウィークリーマンションに友人を宿泊させても大丈夫?

ウィークリーマンションは、「滞在している方以外は、宿泊させてはならない」という規約を設けている場合がほとんどです。規約に違反した場合は、契約違反と判断され、違約金を請求されたり契約を解除されたりする可能性があります。
また、宿泊だけでなく、来客そのものを禁止しているウィークリーマンションも存在します。

来客や友人の宿泊が制限される理由とは?

ウィークリーマンションには、短期間で多くの住民が入れ替わるという特徴があります。万が一悪質な入居者がいた場合、来客を制限することで、騒音などのトラブルを防止できます。
また、来客を制限することで、ウィークリーマンションが悪意のある者に、活動拠点として利用されることを防止しています。来客や友人の宿泊が制限されているウィークリーマンションは、セキュリティー対策がしっかり行われている証拠といえるでしょう。

来客を許可してもらうためには

滞在中のウィークリーマンションに来客の予定がある方は、管理会社や管理人に、来客の許可を取るようにしましょう。
なお、ウィークリーマンションによっては、友人を宿泊させる場合、追加料金が必要になる場合があります。来客や宿泊については、利用しているウィークリーマンションの規則に準じるため、契約の際はよく確認しましょう。

おわりに

今回は、ウィークリーマンションの来客・友人の宿泊時の注意点についてご紹介しました。

ウィークリーマンションでは来客を部屋に入れたり、友人を宿泊させたりすることは、セキュリティー面への配慮により、制限されていることがほとんどです。

なお、会社でウィークリーマンションを利用する場合、社員の方が、ウィークリーマンションの利用規約に気づかずに、友人を宿泊させてしまうことがあるようです。ウィークリーマンションを利用する際は、ウィークリーマンションに滞在する社員に、契約書や各種規約について周知することをおすすめします。

pagetop

HOME

マイページ