長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム目的別ウィークリーマンションの間取りを選ぶポイント

目的別ウィークリーマンションの間取りを選ぶポイント

目的別ウィークリーマンションの間取りを選ぶポイント

ウィークリーマンションの間取りを選ぶときに大切なポイントは、滞在先での生活スタイルです。仕事を終えて帰宅したら寝るだけという単身者と、家族を伴ってウィークリーマンションに滞在する社員とでは、生活スタイルが異なります。そのため、社員が望む生活スタイルに合わせて、ウィークリーマンションを選ぶ必要があります。
今回は、ウィークリーマンションの間取りを選ぶポイントとして、間取り別に、どのような生活スタイルの方が向いているのかご紹介します。

ウィークリーマンションの間取りについて

間取りの選び方を考えるためには、まずはウィークリーマンションにどのような間取りがあるのかを確認しましょう。主な間取りは、ワンルームやDK・LDKなどです。

ワンルーム

一般的なワンルームの広さは20㎡程度で、居住スペースが1つのみの物件を指します。さらに、小さなキッチンもしくは流しがあり、バスとトイレが一体になったユニットバスであることが多いようです。

DK・LDK

DKは「ダイニング・キッチン」の略で、ご飯を食べる場所とキッチンが一緒になったスペースをいいます。一方、LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」です。

2DKは「ダイニング・キッチンと居住スペースが2つ」、1LDKは「リビング・ダイニング・キッチンに加えて居住スペースが1つ」になります。DKやLDKの前につく数字は、居室がいくつあるかを表しているのです。

また、1Kや2Kという表記の物件もありますが、これはK(キッチン)に加えて居住スペースが1部屋、または2部屋ということを意味しています。

ウィークリーマンションの間取りの選び方

ここではウィークリーマンションの間取りの選び方として、間取り別に、どのような生活スタイルの方に向いているのかご紹介します。

ワンルーム・1K・1DKがおすすめの方

週単位の出張などで、1人で短期間滞在する場合は、ワンルームでも快適に生活できるでしょう。
また、1Kや1DKは、水回りが分かれている間取りが多いため、ワンルーム以上に快適に過ごせます。長期滞在の場合は、1Kや1DKを選ぶことで、出張中のストレス軽減につながるでしょう。

2LDKがおすすめの方

2LDKは配偶者を伴う転勤、長期出張、出向などを行うときにおすすめの間取りです。2LDKの広さがあれば、配偶者と快適に生活できるでしょう。

3LDKがおすすめの方

3LDKは配偶者と子どもがいる社員におすすめの間取りです。家族全員と一緒に生活できるため、社員のモチベーションを維持する効果を期待できます。

おわりに

今回は、ウィークリーマンションの間取りを選ぶポイントとして、間取り別に、どのような生活スタイルの方が向いているのかご紹介しました。

ウィークリーマンションにはさまざまな間取りがあり、利用する社員の生活スタイルに合ったものを選ぶことができます。

社員に快適な生活環境を提供することで、仕事におけるモチベーションを上げる効果も期待できるでしょう。

pagetop

HOME

マイページ