ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違い

ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違い

ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違いをご存じでしょうか。名前から何となく想像できても、区別がつかない方もいらっしゃるかと思います。
実は、長期出張や単身赴任などで利用されるウィークリーマンションと、一般賃貸住宅には明確な違いがあります。そこで今回は、ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違いについてご紹介します。

ウィークリーマンションとは?

ウィークリーマンションとは、7日以上の滞在は、日数単位で契約できるマンションです。
ビジネスホテルに7日間泊まるよりもコストパフォーマンスに優れていることが多く、ホテルにはないキッチンや洗濯機などの生活用設備がそろっていることが特徴です。

ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違い

次に、ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違いについてご紹介します。

家具家電付き

一般賃貸住宅は家具家電を買いそろえる必要がありますが、ウィークリーマンションの場合、家具家電があらかじめ備え付けられています。そのため、入居してすぐに快適な生活を送ることが可能です。

敷金礼金が不要

一般賃貸住宅は、契約の際に敷金礼金が必要となります。一方ウィークリーマンションは、ほとんどの場合、敷金礼金が不要で利用できます。

契約期間

一般賃貸住宅の契約期間は通常2年です。それ以上住む場合は更新料を支払います。一方ウィークリーマンションは、7日以上であれば日数単位で借りることができ、短期間契約することが可能です。

ウィークリーマンションの利用に適した場面とは?

長期出張や会社研修

ウィークリーマンションは、長期出張や会社研修の際に、従業員の滞在先として利用する場合に適しています。また、海外の企業からお客さまを迎える際も、ウィークリーマンションの利用がおすすめです。

工事現場作業員の方の仮住まい

ウィークリーマンションは、工事現場作業員の方の仮住まいなど、一時的な滞在先として適しています。

おわりに

今回は、ウィークリーマンションと一般賃貸住宅の違いについてご紹介しました。

ウィークリーマンションは、1日の家賃を比較すると一般賃貸住宅より比較的割高となりますが、家具家電付きで敷金礼金不要といったメリットがあります。7日以上であれば日数単位で借りられる気軽さや手軽さもあるため、ビジネスシーンでは頻繁に活用されます。

一時的な滞在先を探している場合は、ウィークリーマンションの利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

pagetop

HOME

マイページ