長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム短期間のリフォーム中の仮住まいはウィークリーマンションがお得?

短期間のリフォーム中の仮住まいはウィークリーマンションがお得?

リフォーム中の仮住まいにウィークリーマンション

自宅をリフォームする際、困るのが仮住まいですよね。近くに実家や親戚の家などがある場合は移り住めるかもしれませんが、頼るところがない場合は、ウィークリーマンションを考えてみてはいかがでしょうか。

リフォーム中の仮住まいの選択肢

リフォーム中の仮住まいには、以下の4つが考えられます。

ウィークリーマンションに滞在する

ウィークリーマンションは、家具家電が付いているため、新しい家具や面倒な引っ越し作業が必要ありません。1、2週間など短期間で終わるリフォームであっても、1カ月などの長期であっても、比較的経済的かつ気軽に利用できます

ただし、ウィークリーマンションは単身者向けの物件が多いので、家族の人数によっては1部屋では足りない、家族の人数に見合う間取りが見つからないなどの問題は出てくるかもしれません。

ホテルに長期滞在する

短期であればホテルへの仮住まいも有効な手段です。部屋の掃除なども任せられますし、かなり快適に過ごせるでしょう。

しかし、ホテルに泊まるとなればやはり高額になりがちですし、家族の人数が多いとそれだけ宿泊費も高くつきます。
夫婦2人で数日間だけなどであればちょっとした息抜きにもなりますが、4人家族が長期間滞在するにはあまり現実的ではありません。

賃貸住宅に一時的に引っ越す

一時的に賃貸契約をしてアパートやマンションへ引っ越すという方法もあります。礼金が不要の物件などを探せば、無理のない範囲の費用で引っ越しも可能ですし、何よりも落ち着いて家族で過ごせるというメリットがあります。
しかし、短期契約が可能な賃貸住宅は一般的な不動産会社では取り扱い件数が極めて少ないため短期の契約が出来る可能性は低いです。
通常の賃貸住宅の場合は2年契約が基本となるため短期契約解除の場合は違約金を支払う必要も発生します。その他引っ越しとなると家具の移動や大掛かりな作業も必要になりますし、面倒なことが多くなるでしょう。

実家や親戚などの家で厄介になる

近くに実家や親戚などの家があれば、そこでしばらくお世話になるという選択肢もあります。実家や親戚の家であれば基本的に家賃など費用は掛からず、最も経済的に過ごせます。

しかし、いくら親や親戚といえども他人の家に仮住まいするのはやはり気を遣うもの。あまりリラックスして生活できないかもしれません。仮住まいさせてもらう家族の人数が多ければなおさらです。

仮住まいに掛かる費用はいくら?

リフォーム中の仮住まいで、1カ月暮らす場合の費用のおおよその目安を知っておきましょう。小さな子どもが1人いる3人家族を例にとると、以下のようになります。
・ウィークリーマンションは約20万円(賃料や光熱費、その他諸経費も含む)
・ホテルは約36万円
・賃貸住宅は約21万円 (敷金礼金不要の物件)※短期契約可能な物件は極めて少ない
・実家や親戚の家は0円

もちろんホテルの宿泊費はピンキリですが、他の選択肢より高くなるのは明らかです。また、親戚の家に滞在するとしても0円というのは極論であり、食費や光熱費にプラスして何万円か渡すのが礼儀でしょう。

おわりに

リフォーム中の仮住まいにはさまざまな選択肢がありますが、高額なホテル住まいを選ぶ方は少ないでしょう。費用の面で見れば親戚の家にお世話になるのが最良といえますが、精神的な面で疲れてしまうかもしれませんし、賃貸住宅への引っ越しは仮住まい選びにしては大掛かりです。

入退去の気軽さ、費用など総合的な面から見て、リフォーム中の仮住まいはウィークリーマンションがベストだと言えます。

pagetop

HOME

マイページ