長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム自炊しやすいウィークリーマンションの部屋探し

ウィークリーマンションで自炊を楽しもう

自炊する女性

ウィークリーマンションを利用する場合、特に長期間住まうとなると自炊をしないと食費が高くなってしまうので注意しなければなりません。この記事では、自炊に適した物件を探す際のポイントなどを詳しく紹介します。

自炊に役立つモノと持ち込むと便利なモノ

自炊をするのであれば、最低限の食器類が必要になります。ウィークリーマンションによっては食器類が用意されているところもあるので、事前に確認して足す必要があるものだけを持っていくようにしましょう。毎日使うことになるため、食器は自分が気に入るものを選ぶことで食事の時間もより楽しい時間にすることが出来ます。引っ越し先の近くによい食器店がない場合は、引っ越し前に食器を用意しておくことも視野に入れておきましょう。
また、タッパーがあれば作りおきができるので節約しやすくなります。食器用洗剤も忘れず用意しておくようにしましょう。
さらに、コーヒーメーカーなど普段愛用しているアイテムがあると重宝します。

2口コンロがあると便利

コンロの口数によって料理の効率は大きく異なります。たとえばオムライスを作る場合、2口コンロであれば、片方でご飯を炒めながらもう一方で卵を焼くことも可能です。それに対して1口コンロなら、ご飯を炒めた後に卵を焼かなければなりません。
つまり、時間がかかるうえに冷めやすいという問題もあります。手早く美味しい料理を食べたい人は、1口コンロの物件は避けるのが得策です。とはいえ、口数が多すぎてもスペースの無駄なので、2口コンロあたりが無難なのではないでしょうか。

安全重視ならIHコンロ

自炊をするときは火の扱いに注意が必要です。火災を起こした場合、契約によっては多額の損害賠償を請求される恐れがあります。火災が起きにくくするためには、IHコンロがついたウィークリーマンションがおすすめです。火を使わないので火災のリスクは低いですし、ガス漏れが起こる心配もありません。
IHコンロでも使用上の注意に気を付けておくことは大切ですが、それでも安全性において優れているのは間違いありません。自分の体を守るという意味でも、IHコンロを選択することには大きな意味があります。

スペースに余裕があるシステムキッチン

ウィークリーマンションのキッチンは、物件によってサイズが異なります。小型の場合はコンロのとなりがシンクになっており、具剤や調理器具を置いて作業をする十分なスペースがありません。しっかりと自炊をするなら、最低でもまな板を置けるだけの広さが必要となります。
他にも置ける余裕のあるシステムキッチンだと、その分だけ料理がしやすくなるでしょう。そのため、どれくらいのスペースがあるのか事前に確かめておくことが大切です。

おわりに

物件探しをする際、地下鉄の駅に近いことなど交通の便を重視する人が多く見受けられます。
確かに交通の便も非常に重要ですが、同じくらい大事なのが普段の食事。 食事はいつも生活の基本になるので、自炊のしやすさも念頭においてウィークリーマンションをチェックしましょう。

pagetop

HOME

マイページ