長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムトラブルになる前に!民泊とウィークリーマンションの違いについて

トラブルになる前に!民泊とウィークリーマンションの違いについて

トラブルになる前に!民泊とウィークリーマンションの違いについて

単身赴任や出張時の滞在先として、ホテルや旅館、ウィークリーマンションが利用されていますが、近年は「民泊」という選択肢も注目されています。今回は、民泊とウィークリーマンションの違いや、ビジネスユースにはどちらの利用が向いているのかをご紹介します。

民泊とは?

民泊とは、一般家庭やマンションの空き部屋などを利用して、旅行者に宿泊場所を提供するサービスのことです。通常のホテルや旅館よりも安く泊まることできるため、近年注目されています。なお、民泊利用者のほとんどが外国人観光客といわれています。

ウィークリーマンションとは何が違う?民泊利用の注意点

ウィークリーマンションは専門の業者が運営していますが、民泊は一般の方が運営しています。ここでは、民泊を利用する際の注意点についてご紹介します。

運営者の対応

個人が運営している民泊は、業者が運営するウィークリーマンションと比較して連絡が取りづらかったり、メールの返信が遅かったりするなど、対応が不十分な場合があります。また民泊は、運営者の都合により希望した日に利用できない場合もあります。

セキュリティーや設備的な不備

民泊の中には、部屋にカーテンがなく外から丸見えだったり、複製しやすい簡易な鍵を使用していたりする場合があります。セキュリティー意識が低い施設では、盗難や情報流出の可能性があるため注意したほうが良いでしょう。

社員の滞在先として利用するならウィークリーマンションがおすすめ

単身赴任や出張時の社員の滞在先としては、民泊よりもウィークリーマンションがおすすめです。ウィークリーマンションは専門業者が運営しているため、利用者の要望に対して迅速な対応が期待できます。また、防犯カメラが設置されるなど、セキュリティー対策も万全です。
ビジネスユースには、安心かつ快適に過ごせるウィークリーマンションの利用が向いています。

おわりに

今回は、民泊とウィークリーマンションの違いや、ビジネスユースにはどちらの利用が向いているのかご紹介しました。

最近では、民泊への規制やルールなどが整備されてきましたが、どのようなトラブルが起こるか予測できない側面があります。そのためビジネスユースでは、不動産会社など専門業者が管理しているウィークリーマンションのほうが安心です。

単身赴任や出張時の滞在先を探している方は、ウィークリーマンションの利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

pagetop

HOME

マイページ