長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム引っ越し時期をずらしていい物件を手に入れよう!ウィークリーマンションで引っ越し待ち

ウィークリーマンションで引っ越しを待つ

引っ越し

引っ越し時期の繁忙期

引っ越し時期の繁忙期とは一体いつのことをさすのでしょうか?引っ越し時期には繁忙期があります。繁忙期というと通常1月~3月のことを指します。これにははっきりとした理由があります。1月~3月は3月~4月の新生活に向けた転居をされる方が重なる時期だからです。入学や就職などで今までと違う環境に引っ越される方が多いのです。そのため、この1月~3月に不動産業者の物件は多くが出ていくことになります。
そして、新生活に向けた転居をする方がいらっしゃるということはちょうどそのタイミングでもともと住まれていた物件はあいてくることになります。1月~3月は入れ替わりの非常に激しい時期だと言えるでしょう。

引っ越し時期の閑散期

逆に、閑散期はどの時期なのでしょうか?閑散期は7月~8月です。この時期は引っ越しをする理由がある方が少ないため、1年の中で最も落ち着いている時期です。次いで、11月~12月も閑散期と言えるでしょう。
引っ越しをする理由としては、1月~3月の新生活の始まり、4月~6月の1月~3月に引っ越されなかった方、9月~10月の人事異動などがあります。
このような時期的にタイミングから外れているため、7月~8月と11月~12月は閑散期といえるのです。

初期費用などの変動

また、急いでいなければ閑散期には初期費用が安くなる物件もあるため、あえて閑散期に物件探しをしてみるという方法もあるでしょう。
大家さんの考えにもよりますので、必ずしもすべての物件の初期費用が安くなるというわけではありませんが、大家さんにとっても誰も住んでいない部屋を長期間空けておくよりも初期費用を下げてでも住んでもらう方がメリットになります。
そういった場合は、費用を下げてもらえる可能性は十分にあると言えるでしょう。

引っ越し前のウィークリーマンションの活用法

また、引っ越し前の選択としてウィークリーマンションを活用するという方法があります。なかなか住みたい物件が見つからない。ただ、今の物件は出なければならない。そんな場合はウィークリーマンションを利用しましょう。
タイミングをみてウィークリーマンションを上手く活用することで良い物件に巡り合うことができるかもしれません。ウィークリーマンションを上手く使うことができれば引っ越しを成功させることができる確率をぐっとあげることができます。

ウィークリーマンションで引っ越し待ち

1年の間で1番引っ越し業界が忙しいのは3月です。3月は、学校でも企業でも新年度が始まる直前ということで、駆け込みで物件を探す人も少なくはありません。しかし、敢えてこの時期を外すことでお得な物件が見つかるという可能性が大いにあるということをご存知でしょうか。

引っ越しがお得な時期はいつ頃なの?

春に引っ越さなければならないという事情がある人は、是非覚えておいてください。実は、最良の物件探しに最も適した時期というのは、5月・6月なのです。その理由はいくつかありますが、まず、繁忙期を終えた不動産屋が、じっくりとこちらの希望を聞いてくれ、より良いサービスを受けられる可能性が高いということが挙げられます。場合によっては、値引き交渉も期待できるかもしれません。 また、5月・6月にかけては一人暮らしの物件の空きも出やすく、特に6月はジューンブライドということで結婚をきっかけに新居を構える人も多く、ファミリー向けの物件の選択肢も増える時期でもあるからです。

引っ越し待機期間はウィークリーマンションで!

そうは言っても、4月から学校や仕事は新年度を迎えるのに、6月まで引っ越しができないとなると不自由なことこのうえ無いのではないでしょうか。もちろん、2ヶ月程度ですからホテルに滞在という方法もありますが、それでは費用がかかり過ぎてしまいます。 そんな時におすすめしたいのがウィークリーマンションです。ウィークリーマンションというと、長期の出張時や、一時的にひとつの街に滞在する目的で利用されるというイメージが定着しているようです。 しかし、繁忙期を避ける目的でウィークリーマンションに滞在すると、その利用価値がたくさんあることに気がつくはずです。

ウィークリーマンションはメリットが満載!

まず、引っ越し先のエリアにあるウィークリーマンションを探し、実際にそのエリアに住んでみることでたくさんの情報が入ってきます。引っ越し前提で住居を決める際には、誰でも下見はしますが、昼だけでなく夜の近隣の様子は、住んでみなければなかなか実感できるものではありません。そのうえ、ウィークリーマンションは敷金や礼金も必要がありませんし、基本的に必要な家具や家電は初めから備わっているので身軽に入居することが可能です。 実際に引っ越す予定の物件を同じエリア内でゆっくり決められるうえ、新居で使う家具や家電もじっくり選ぶ時間が持てるのも大きなメリットなのではないでしょうか。

まとめ

どうしても新年度の前に新居を決める必要がなければ、ウィークリーマンションを新しい生活への助走期間として考えてみてはいかがでしょうか。引っ越し前に情報を得ることで、思いがけなく新しく住む街の「良いとこ取り」ができるかもしれません。

pagetop

HOME

マイページ