長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム借り主が未成年の場合でもウィークリーマンションは借りられる?

未成年もウィークリーマンションに住めます

1人暮らしする未成年の少女

ウィークリーマンションを利用する若者が増えてきました。物件数が関西圏でも増加しており、その手軽さと利便性の良さから特に初めて実家から独立して一人暮らしをスタートさせる大学生の需要が高いです。

契約の方法

一般的な賃貸アパートの場合は、不動産業者の店舗まで足を運び物件を選ぶことが多いですが、ウィークリーマンションではインターネットでの検索が大半となります。気になる物件をインターネットで見つけたらサイトから問い合わせや電話で気軽に相談・入居申込みが出来ます。
ウィークリーマンションと一口に言っても多種多様な形態があります。 未成年の学生が契約する際は、親権者がそれを代行しなければなりません。あるいは親権者の同意書が必要であり、この2つの方法をとる事で入居条件が満たされ、未成年者でも普通にウィークリーマンションに入居可能となります。

両親がいない場合

両親がいない場合は身元保証人の方の同意を取る必要があります。家庭の事情でシングルマザーになっている場合は、保護者である母親の同意書を準備するだけでOKです。
文字通り両方の親、父母の二人の同意を取り付ける必要はなく、今現在未成年者の保護者の役割を担っている人物の了承を得られれば問題はありません。ウィークリーマンションは未成年者の利用も増えてきており、年齢だけを理由に断られる事はないので安心して利用を検討することができます。

安定した収入が必要

安定した収入が必要であり、これは年齢や職業などに関わらずウィークリーマンションのユーザーには求められる事項です。しかし、大学生や、予備校生、留学生などの方は契約者に収入がなくてもご利用頂けます。
一方でユーザー自身がアルバイトをしていない場合でも、保護者が安定した職種についており、安定した収入源があれば審査は無事に突破出来ます。いわゆる高収入のお仕事である必要はなく、保護者や身元保証人の方々に月々決まった収入源があれば特に心配する点はありません。
また、保証人がしっかりしている方(大手企業などに勤務)に関しては契約者がフリーターでも問題ない場合もあります。

ウィークリーマンションは学生にも人気

ウィークリーマンションは、リーズナブルな家賃で都心部に住めるため一人暮らしの大学生や短大生、専門学校生に人気があります。家電や家具などが最初から一式そろっているウィークリーマンションもあり、初期投資のコストが安価なのも嬉しい点です。
女性向けの物件も増えてきており、オートロックや防犯カメラ・電子ロックなど最新型のセキュリティ設備が搭載されたウィークリーマンションもあります。そういった住まいであれば初めて実家を離れて都会で暮らす女子でも安心ですし、娘の心配をしがちな保護者も安心して送り出せます。

おわりに

未成年者がウィークリーマンションを借りる際には保護者の許可が必要です。基本的には、賃貸マンションや賃貸アパートに住まうのと同じなので、特別なことを考える必要はありません。
未成年の方でも入居することが可能ですので、ウィークリーマンションの利用をお考えの際は気軽に不動産業者の方に相談してみましょう。

pagetop

HOME

マイページ