ウィークリーマンションは長期契約ができる?

ウィークリーマンションの長期契約

ウィークリーマンションといえば、1週間など短期間だけ入居するイメージが強いですが、例えば1年など長期間住むことも可能なのでしょうか?
ここでは、ウィークリーマンションの長期契約についてご紹介します。長期契約をした場合、通常の賃貸契約や短期契約と比べてどのような違いがあるのか見ていきましょう。

ウィークリーマンションの長期契約は可能なのか?

ウィークリーマンションでは、基本的な契約期間が1週間~1年以内とされています。つまり、ウィークリーマンションであっても1年などの長期契約は可能です。 実際に長期契約をしている利用者も多く、ウィークリーマンションを本格的な住まいとしている方もいらっしゃいます。

ウィークリーマンションを長期契約するメリット

ウィークリーマンションを長期間契約すると、1週間や2週間などの短期契約よりも料金が割安になる場合があります。長期契約を考えている場合は、料金プランを確認しておきましょう。
また、通常の賃貸契約では敷金・礼金・仲介手数料などが初期費用として必要になりますが、ウィークリーマンションでは初期費用は一切不要です。生活に必要不可欠な家具・家電もそろっているため、新たに買う必要もなく入居に必要なコストを大幅に抑えることができます。
ウィークリーマンションの長期契約は、短期よりも家賃が安くなる、余分な初期費用や家具・家電の購入が不要のため生活費が抑えられるなどがメリットでしょう。

ウィークリーマンションの長期契約はお得?

長期契約をすれば料金が割引される場合が多いですが、それでも通常の賃貸契約に比べてウィークリーマンションの家賃は高く設定されています。もちろん、長期的に住めばそれだけ差額は大きくなるでしょう。この家賃の高さがウィークリーマンションのネックです。
ただし、賃貸でアパート・マンションを契約する際には敷金・礼金・仲介手数料などを含めて家賃6カ月程度の費用が必要だといわれています。細かい値段は家賃や物件の条件によりますが、入居するだけで30万円~50万円ほどかかることが一般的です。さらに、家具・家電を買うとなるとさらに数十万の出費になってもおかしくありません。
これらの費用を考慮すると、1年程度であればウィークリーマンションの方が実質的に安く済む可能性も十分あり得るでしょう。

おわりに

ウィークリーマンションは短期間だけ利用するもの、と捉えている方も多いかもしれませんが、実は1年単位などの長期契約も可能です。さらに、長期契約をすればひと月あたりの家賃が安くなるなどのメリットがあります。

2年、3年と同じところに住むことを想定すれば通常の賃貸契約の方がコストを抑えられますが、諸経費を考えると1年程度であればウィークリーマンションは便利にそしてお得に利用できるでしょう。

pagetop

HOME

マイページ