インターンシップの宿泊料金を抑えるには?

インターンシップの宿泊料金を抑えるには?

インターンシップに参加する学生さんには、インターンシップに専念するために、企業の近くにある宿泊施設に滞在することをおすすめします。また、インターンシップの宿泊費用を企業側が負担する場合、宿泊費用にどれくらいの予算を使えるかが課題となるでしょう。そこで今回は、インターンシップの滞在先として代表的な宿泊施設や、宿泊料金の抑え方についてご紹介します。

インターンシップの滞在先は何がある?

インターシップの滞在先には、どのような場所があるのでしょうか。まずは、インターンシップで利用できる滞在先をご紹介します。

ビジネスホテル

インターシップの滞在先として、ビジネスホテルが挙げられます。ビジネスホテルは予約が取りやすく手続きが簡単。ビジネス向けということもあり、駅から近い場所にあることが多いようです。短期間の滞在であれば、大きなストレスを感じることなく過ごせるでしょう。

賃貸マンション

賃貸マンションは長期間の滞在を前提としたマンションですが、インターンシップなどの短期間の滞在であっても利用することが可能です。ただし、家具・家電が備え付けられていないことに加えて、入居には敷金・礼金がかかってしまうといった欠点があります。

宿泊料金を抑えたい場合は「ウィークリー・マンスリーマンション」がおすすめ!

賃貸マンションの契約には敷金・礼金が必要で、契約期間は2年以上が一般的です。そのため滞在期間が1~2週間程度の場合は、ウィークリー・マンスリーマンションのほうが宿泊料金を抑えられます。また、ビジネスホテルにはキッチンが用意されていないことが多いため、滞在期間中は外食中心の生活となり、宿泊料金に加えて食費の負担も大きくなってしまう可能性があります。

以上のことから、宿泊料金を抑えたい場合は、ウィークリー・マンスリーマンションの利用をおすすめします。

おわりに

今回は、インターンシップの滞在先や、宿泊料金を抑える方法についてご紹介しました。

ウィークリー・マンスリーマンションは、家具・家電が備え付けられていることに加えてキッチンも用意されているため、普段と変わらない生活を送ることができます。また、ウィークリー・マンスリーマンションは他の宿泊施設に比べて、1泊あたりの宿泊料金を抑えることができるため、インターンシップの滞在先としておすすめです。

pagetop

HOME

マイページ