長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム民泊とウィークリー・マンスリーマンションの使い方は?

民泊とウィークリー・マンスリーマンションの使い方は?

民泊とウィークリー・マンスリーマンションの使い方は?

外国人観光客の増加に伴って注目されている「民泊」。出張や単身赴任の滞在先として、民泊の利用を検討されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、民泊とウィークリー・マンスリーマンションの違いや、それぞれの適した使い方についてご紹介します。

民泊とウィークリー・マンスリーマンションの違いは?

民泊とは、通常の住宅やマンション、アパートなどの、一般の方が居住する建物の一部または全部を使い、対価をもらって他人を宿泊させる施設やサービスのことを指します。一方、ウィークリーマンション・マンスリーマンションとは、週単位や月単位で借りることができる賃貸マンションです。
民泊の運営は一般の個人の方が行っている事が多く、ウィークリー・マンスリーマンションの運営は、管理業者が行っている事が多いです。

旅行の宿泊費を抑えたい場合は民泊

民泊は宿泊費の安さが魅力で、滞在費を抑えたい観光客の方に利用されています。また、民泊は個人宅の一部に泊まることが多いため、その土地で暮らしている住民の生活に触れられることも魅力です。しかし、民泊は運営主体が個人のため、トラブル対応やきめ細かいサービスが十分に受けられないことがあります。運営者の都合により、予約や宿泊ができない可能性もあるでしょう。
そのため民泊は、観光用の宿泊施設として考えたほうが良いかもしれません。

ビジネスユースならウィークリー・マンスリーマンションがおすすめ

出張や単身赴任の滞在先であれば、ウィークリー・マンスリーマンションの利用がおすすめです。ここでは、ビジネスユースにウィークリー・マンスリーマンションがおすすめな理由をご紹介します。

セキュリティ対策が万全

民泊は個人所有の施設を利用しているため、セキュリティ対策に不安が残ります。一方、ウィークリー・マンスリーマンションは管理業者が運営しているため、セキュリティ対策が万全です。重要書類の盗難や情報漏えいのリスクを考えた場合、セキュリティ対策がしっかりしているウィークリー・マンスリーマンションの利用をおすすめします。

隣人トラブルに巻き込まれにくい

ウィークリー・マンスリーマンションは、入居時に審査があるため、問題のある方は入居できません。そのため、隣人トラブルに巻き込まれるリスクは少ないといえるでしょう。万が一住人トラブルが起きた場合、ウィークリー・マンスリーマンションは管理業者が運営しているため、運営者側で解決してくれます。

おわりに

今回は、民泊とウィークリー・マンスリーマンションの違いや、それぞれの適した使い方についてご紹介しました。

民泊には比較的割安で利用できるというメリットがありますが、出張や単身赴任などビジネスシーンでの利用は、管理体制がしっかりしたウィークリー・マンスリーマンションをおすすめします。

pagetop

HOME

マイページ