長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムウィークリーマンションでの生活 光熱費はどうするの?

ウィークリーマンションでの光熱費について説明します

生活にかかる光熱費

生活することに欠かすことのできない費用は、住居費とともに電気・ガス・水道などのいわゆる「光熱費」が挙げられます。近年はこれにインターネットの回線費用を含めることもあります。ウィークリーマンションは、物件によって光熱費の取り扱いが異なりますので、入居する前にチェックしておくことをお勧めします。

光熱費は定額制の物件が多く見られる

ウィークリーマンションで多く採用されている定額制とは、一定の料金を支払った上で自由に利用できるという制度です。常識的な範囲の中であれば設定された金額以外は発生しませんので、生活にかかるコストを計算しやすいというメリットがあります。またそれぞれの使用量が別々に請求されることなくまとめて一本化されていることがほとんどですので、支払先が複数になったり請求書が何枚も届いたりという煩雑さもなく、一般的な賃貸マンションと比べると気楽な点も魅力です。常時エアコンを使用して多大な電力を使用している場合や、必要以上に水を出して風呂やシャワーを利用するという使い方の場合には、基本使用料金の範囲を超えて請求される場合もありますので、使いすぎには注意しましょう。

長期の出張で利用するのならウィークリーマンション

ウィークリーマンションの良い点は、ホテルと比較すると1日あたりの滞在コストが大幅に低く抑えられることです。また賃貸マンションやアパートを契約する場合の煩雑な手続きや、家具家電の購入などの費用が発生しない点も優れたポイントです。ホテルの場合は光熱費を別途徴収されるというケースはほぼありませんが、その分1日あたりの宿泊費は高く、実質的にその部分も加算されていると考えて良いでしょう。定額制のウィークリーマンションは、全ての利用料金に含まれているというケースもあります。その場合は光熱費も含めた利用料金と考えてください。別途支払いが必要な場合は1日あたりの料金か、月額や1週間ごととして設定されていることがあります。物件の情報を確認することがおすすめです。

都心部エリアでの快適生活をウィークリーマンションで

家具家電が最初から整えられているというサービス、利用までの手続きが簡単であるという利便性など、長期出張での滞在に最適なのがウィークリーマンションです。居住に関する費用を抑えつつも、スマートなシティライフを実現することができる住まい方と言えるでしょう。 光熱費も比較的安く設定されている物件が多く、一日あたりの費用は物件によって異なるもののおよそ700円前後というケースが多いものです。なお、居住者が増えると追加料金が発生する場合や、部屋を利用しない日があっても基本料金が発生する点など、事前に知っておく必要な情報もありますので、物件のチェックをしっかりと行いましょう。

まとめ

賃貸マンションの独立性と自由度、ホテルのような気軽さの「良いとこ取り」とも言えるウィークリーマンションは、出張される方や長期研修での滞在の方に最適な物件です。

利便性の良いエリアにリーズナブルに拠点を構えることができますので、光熱費を含め支払い金額の比較検討をぜひ行ってみてください。

pagetop

HOME

マイページ