長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムウィークリーマンションから勤務先までの距離、許容範囲は?

ウィークリーマンションから勤務先までの距離、許容範囲は?

ウィークリーマンションから勤務先までの距離、許容範囲は?

単身赴任や出張で、ウィークリーマンションを利用する際に、物件選びのポイントにしたいのが、ウィークリーマンションから勤務先までの距離です。実際に利用する社員の負担を軽減するためにも、どのくらいの通勤時間で勤務できれば良いのか知っておく必要があります。
そこで今回は、ウィークリーマンションから勤務先までの適切な距離に加え、距離が離れる場合はどのくらいが許容範囲になるのかご紹介します。

徒歩で通える範囲がベスト

単身赴任や出張など一定期間のみ滞在する場合は、勤務先に徒歩で通える距離にウィークリーマンションがあったほうが良いでしょう。勤務先と滞在先の距離が近いことで、社員の負担は軽減されます。
出張や単身赴任で慣れない環境に滞在することを考慮すると、ウィークリーマンションから勤務先まで徒歩10分以内、最大でも徒歩15分以内の物件がおすすめです。

勤務先と適度に距離があったほうが良い場合も

社員の中には、「滞在先であるウィークリーマンションは、勤務先から適度に離れていたほうが良い」と感じる方がいるかもしれません。
勤務先と滞在先が近すぎると、「何かあったときに呼び出されるのではないか」「仕事で気になる部分があったから、今から会社に戻って処理してしまおう」などと考えてしまい、気が休まらない可能性も。勤務先から適度に離れた場所に滞在したい社員の方には、交通手段を使って30分以内の場所に、ウィークリーマンションを借りることをおすすめします。

通勤時間は1時間が許容範囲

勤務先の近くにウィークリーマンションが見つからず、離れた場所しか選択肢がない場合であっても、トータルの通勤時間は1時間を超えないようにしたほうが良いでしょう。通勤時間が1時間を超えてしまうと、社員はストレスを感じてしまう可能性があります。
社員が出張先で仕事とプライベートを十分に満喫し、快適な生活が送れるようにするためにも、通勤時間が1時間を超えない範囲にウィークリーマンションを借りることをおすすめします。

おわりに

単身赴任や出張でウィークリーマンションを利用する場合、勤務先まで徒歩10分以内の場所にあるウィークリーマンションをおすすめします。なお社員の中には、勤務先と適度に距離があったほうが良いと考える方もいるため、ウィークリーマンションを選ぶ際は、実際に入居する社員の適性や希望を考慮することが大切です。

また、勤務先の周辺に物件が見つからない場合は、通勤時間が1時間を超えない範囲でウィークリーマンションを探すことをおすすめします。

pagetop

HOME

マイページ