長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム一時的な転居にはマンスリーマンションがおすすめ!

一時的な転居にはマンスリーマンションがおすすめ!

一時的な転居にマンスリーマンション

作業や勉強に集中したい、ある程度広いスペースが必要な仕事を短期間で行いたいなど、本格的な引っ越しではなく、一時的な転居をしたいと思ったことはないでしょうか?
そんな方におすすめなのがマンスリーマンション。ここでは、マンスリーマンションに一時転居するメリットやデメリット、普通のマンションとの違いなどについてご紹介します。

一時的な転居をしたいケースとは?

例えば、数年にわたる単身赴任などではなく、1カ月~数カ月などの出張の際には今住んでいる家をわざわざ退居しようとは思いませんよね。また、自宅をリフォームするとなれば数週間~数カ月家を空けなければなりません。その他にも、受験勉強や受験のために数カ月だけ一人暮らししたい・させたいという場合もあるかもしれません。
このように、出張やリフォーム、勉強などのために仮住まいが欲しい場合には、一時的な転居が必要です。

普通のアパート・マンションに一時転居するメリット・デメリット

一時転居するならマンスリーマンションじゃなくても良いのでは?と思う方も中にはいらっしゃることでしょう。確かに、普通のアパートやマンションでも一時転居は可能ですが、部屋探しに時間がかかること、敷金・礼金・仲介手数料・保険料などの諸経費が必要なことを考えると、一時的な転居をするには少々手間とコストがかかりすぎるデメリットがあります。
ただし、仮住まいだとしても納得のいく部屋で生活したい場合は自分に合った物件探しができるので、デメリットばかりともいえません。

マンスリーマンションに一時転居するメリット・デメリット

マンスリーマンションの場合は、入居までが非常にスムーズであることが大きなメリットです。管理会社に直接足を運ぶ必要もなく、Web上で申し込みができます。必要な書類とお金を用意すればあとは入居するだけと、普通の賃貸契約に比べて気軽に契約ができるのです。
また、敷金・礼金・仲介手数料も不要のため、初期費用がはるかに安く済みます。必要最低限の家具などは備え付けられているので、大掛かりな引っ越し作業をしなくて良いですし、引っ越し料金もかかりません。
ただし、マンスリーマンションの場合は基本的に内覧ができない点は、注意が必要といえます。

おわりに

数カ月などの一時的な転居の場合、引っ越し手続きはできるだけ面倒な手間を省ける方が良いですよね。当然コストもなるべく抑えたいところ。

その点、マンスリーマンションは普通の賃貸に比べて初期費用がかからず、スムーズに入居できます。

仮住まいをお探し中の方は、マンスリーマンションを一度検討してみてはいかがでしょうか?

pagetop

HOME

マイページ