マンスリーマンションが向いている人

マンスリーマンションで暮らす

近年利用者が増えているマンスリーマンションですが、どのような人がメリットを感じて利用しているのでしょうか。 本記事では、マンスリーマンションの利用に向いている人にはどんな特徴があるのかご紹介します。

特定の期間だけ住むことが決まっている

マンスリーマンションの契約期間は短期から長期まであり、利用期間が決まっている人に向いているといえます。 また、期間はマンスリーマンションといっても1カ月単位ではなく、自由に選択することができますし、契約を延長することも可能です。 例えば、仕事で出張をする人に向いています。 出張が決まってから家を探す場合、短期間で決定し、短期間で住める環境に整えなくてはなりません。 マンスリーマンションなら契約当日から住めることもあり、生活に必要な基本的な家具・家電がそろっているので新しく自分で購入する必要がなく、労力もお金もかけずに家を決めることができます。

敷金礼金が不要のため、初期費用が抑えられる

マンスリーマンションは一般的な賃貸物件とは違い、契約の際に敷金や礼金は必要ありません。 賃貸物件の敷金や礼金というのは、家賃の数カ月分に相当する金額であることが多く、住み始める前に1度で支払わなければなりません。 さらに、引っ越し費用や家具・家電など必要な物をそろえなければならず、費用はかさむばかりです。 その点マンスリーマンションは敷金礼金の分のお金が浮くので、初期費用を抑えられるのが大きな魅力です。 少しでも節約したい学生や、会社の経費を減らしたい法人担当者に向いているのです。

賃貸で必要な細かい契約が不要

マンションやアパート等一般的な賃貸物件を借りるには、大家や管理会社と細かい契約が必要になります。 しかし、マンスリーマンションの場合はそういった細かい契約が必要ありません。 用意する必要がある書類が全くないわけではないですが、一般的な賃貸物件に比べると格段に少なくなります。 インターネットなどで気軽に申し込めるところもあり、煩わしい手続きが苦手という人に向いているでしょう。

賃貸マンション契約までの仮住まいとして使用する

マンスリーマンションの利用方法として、賃貸マンションを契約して入居するまでの仮住まいとして利用する人もいます。 例えば、転勤など急な引っ越しで物件を見て回ることができない人に向いているのです。 転勤の前後は引っ越しの準備だけでも忙しく、そこに仕事の引き継ぎなども加わり余裕がなくなることが多いです。 そういった場合はマンスリーマンションに1度仮住まいを用意し、落ち着いてから物件探しをすればしっかり時間をかけて探すことができます。 また、マンスリーマンションに実際に住んでみて、そのエリアの情報収集をしてから物件探しをすれば、通勤時間や買い物環境など気を付けたいポイントが分かってきます。

おわりに

以上、マンスリーマンションに向いている人の特徴でした。 本記事のどれか1つでも当てはまるものがあれば、1度マンスリーマンションを検討してみるとよいでしょう。

新しい住まい探しは、お金の問題や決めるまでの期間、交通の便や環境など様々なことに気を使わなければいけません。 最短で決める必要がある人やとにかく費用を抑えたい人にとって、マンスリーマンションはうってつけでしょう。

pagetop

HOME

マイページ