短期で借りるマンスリーマンションはお得?

短期で借りるマンスリーマンションはお得?

出張や単身赴任の滞在先として、賃貸物件よりも、マンスリーマンションのほうがお得な部分があります。
例えば、マンスリーマンションは賃貸物件とは違い、敷金礼金や仲介手数料が発生しません。そのため、短期滞在の場合は、賃貸物件よりもマンスリーマンションのほうが費用を抑えることができるでしょう。
そこで今回は、マンスリーマンションのコスト面におけるメリットについてご紹介します。

大阪のマンスリーマンション(ワンルーム)を借りる際にかかる費用は?

単身赴任や長期出張で、大阪エリアのマンスリーマンションを3カ月間利用した場合の費用を、モデルケースとして考えてみましょう。借りる部屋はワンルームを想定しています。

家賃(ワンルーム)
約11万円×3カ月
清掃費
約1万9,800円(契約時に発生)
光熱費
約600円/日~×90日(使用量に応じて変動)
寝具レンタル代
約3,500円~1万円(地域によって変動あり。寝具不要なら0円)
管理費
約400円~1,000円/日×90日(地域や業者によって変動あり)
事務手数料
約2,000円(契約時に発生)
合計
約44万5,300円

以上の金額を単月に直すと、1カ月あたり約13万円~14万円のコストがかかる計算です。

短期滞在なら賃貸物件よりもマンスリーマンションのほうがお得

賃貸物件を借りた場合、家賃に加えて以下の費用が発生します。

敷金
家賃の1~2カ月分
礼金
家賃の1~2カ月分
仲介手数料
家賃の1カ月分
引っ越し費用
約3万円~10万円(引っ越しの規模による)
家具・家電の購入費用
単身者で約10万円

賃貸契約をするだけで、初期費用がかさむことが分かります。仮に、家賃6万円の物件を3カ月賃貸した場合、費用の内訳と合計は以下の金額です。

家賃
6万円×3カ月=18万円
初期費用
約31万円(敷金、礼金、仲介手数料、引っ越し費用、家具・家電購入費など)
光熱費
1万円×3カ月=3万円(電気ガス水道1万円/月と仮定)
合計
約52万円

このように、通常の賃貸物件で3カ月借りると約52万円、マンスリーマンションを3カ月利用すると約44万円のコストです。よって、マンスリーマンションを借りたほうがお得であることがわかります。

ホテルや民泊よりもマンスリーマンションがおすすめ

一定期間の出張や長期滞在する場合、ホテルや民泊という選択肢もあります。
1泊6,000円程度の格安ビジネスホテルに1カ月連泊した場合、宿泊費だけで18万円かかります。また、宿泊費に加えて外食費やランドリー費用も上乗せされます。これならマンスリーマンションのほうがお得です。
一方、月10万円程度で宿泊できる民泊が近年注目を浴びていますが、個人宅に泊まるため、セキュリティー面においてビジネスユースには向かないといえます。

滞在費用やセキュリティー面を考えると、ビジネスで利用する場合は、ホテルや民泊よりもマンスリーマンションのほうがおすすめです。

おわりに

今回は、マンスリーマンションのコスト面における、メリットについてご紹介しました。

マンスリーマンションは賃貸物件とは異なり、仲介手数料や敷金礼金などの諸費用が発生しません。出張など、短期滞在で宿泊施設を借りる場合は、一般的な賃貸物件やホテル、民泊よりもマンスリーマンションをおすすめします。

短期間滞在する場所を探している方は、マンスリーマンションの利用を検討してはいかがでしょうか。

pagetop

HOME

マイページ