長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム転勤が多く住居が定まらない方へのおすすめはマンスリーマンション

転勤が多く住居が定まらない方へのおすすめはマンスリーマンション

転勤が多く住居が定まらない方へのおすすめはマンスリーマンション

会社によっては、転勤が多く住居が定まらない社員の方がいらっしゃるかと思います。
転勤の度に引っ越しの準備をしていると、費用も手間もかかってしまうでしょう。そこで、転勤が多い社員の方には、マンスリーマンションの利用をおすすめします。今回は、転勤が多く住居が定まらない方に、マンスリーマンションの利用をおすすめする理由についてご紹介します。

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションとは、短期間の契約ができるマンションのことで、1カ月単位で契約することが可能です。

転勤が多い方にマンスリーマンションがおすすめな理由

マンスリーマンションは、転勤や長期出張時の滞在先として、多くの企業に利用されています。ここでは、転勤が多く住居が定まらない方に、マンスリーマンションの利用をおすすめする理由についてご紹介します。

家具家電付き

ほとんどのマンスリーマンションには、生活に必要な家具家電が設置されています。そのため、家具家電を自分で準備したり、手配したりする手間を省くことができます。
マンスリーマンションを利用すれば、引っ越しの費用を抑えることができ、入居したその日から、快適に生活することができるでしょう。

面倒な手続きが必要ない

通常の賃貸マンションを契約した場合は、ガス・電気・水道などの手続きを行う必要があります。
一方、マンスリーマンションの場合は、ガス・電気・水道を個人で契約する必要がないため、手続きの手間を省くことができ、申し込み後、審査や手続きが完了次第に、入居することが可能です。

マンスリーマンションにはファミリー用の物件がある

マンスリーマンションには、1人暮らし用だけでなく、ファミリー用の物件があるため、ご家族で入居することが可能です。ご家族がいらっしゃる社員の方は、単身赴任先へご家族を連れて行くことができるでしょう。

転勤の準備

短期でマンスリーマンションを借りるポイント

転勤が多い場合は、一つの物件に長く住まい続けるのではなく、短期で様々な物件を渡り歩くことになります。短期で渡り歩くのであればマンスリーマンションを使うほうが得になるということも少なくないでしょう。マンスリーマンションは短期で住まうことを前提としているので、一般的な賃貸物件と比較して転居の際のリスクが少ないです。 引っ越し業者を雇って荷物を運ぶ費用も節約することができますし、引っ越しのたびに新しい家具家電の購入設置をする手間や費用も抑えることができます。
短期で借りる際のポイントは、契約内容の確認です。契約内容が異なる部分もありますので、事前にきちんと契約書に目を通し不明点については確認をしておくようにしましょう。

転勤の期間が短い方

転勤の期間が短いのであれば、元々の住まいは残しておいたまま、別途マンスリーマンションを借りてホテルのように住まうこともおすすめです。
そのため、マンスリーマンションであれば、短期で解約することができますし荷物も最小限で行くことができます。短期間マンスリーマンションで過ごした後に、もともとの自宅に戻っても良いでしょう。

引っ越し先が見つかるまでの利用

転勤が多い方ほど、いい物件のでてくる時期やいい物件のなかなか見つからない時期に関しても知っているものです。いい物件がなかなか出てこない時期の転勤で無理に新居を決める必要はありません。
一時的にマンスリーマンションに住まい、繁忙期等のいい物件が出てくる時期に引っ越しをするという選択をされる方もいらっしゃいます。
やはり短期的な利用ができることは大きなメリットです。いつでも物件を出ることができるため、気軽な気持ちで新居探しをすることができます。

住む地域の下調べをする

引っ越しをして慣れない地域に来たときは土地勘がないため、その土地のことをマンスリーマンションに住まいながら知っていくというのも一つの方法です。
慣れない土地で物件探しをして、思うようなエリアでなかった場合、賃貸であれば引っ越しに不要な手間や費用がかかります。
マンスリーマンションであればそういった不要な手間や費用を抑えることもできます。周囲に騒音はないか、変なにおいはしないか、治安はいいか、インターネットの接続はストレスなくできるかなどの下調べをしてから引っ越しをしても遅くないでしょう。

おわりに

今回は、転勤が多く住居が定まらない方に、マンスリーマンションの利用をおすすめする理由についてご紹介しました。

ほとんどのマンスリーマンションには、生活に必要な家具家電が設置されているため、申し込み後、審査や手続きが完了次第に入居することが可能です。

転勤が多く住居が定まらない社員の方にとっては、アパートやマンションを賃貸するよりも、マンスリーマンションを利用したほうが、引っ越しの負担が少なく済むでしょう。

pagetop

HOME

マイページ