長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム長栄では家族同然のペットと一緒に入居できる物件もあります

長栄ではペットと一緒に入居できます

ペットと女性

「ペットは家族と同じ」と考える人が大多数です。それなのに今まではそんなに大切なペットと一緒に旅行することはなかなか叶いませんでした。しかし、そんな家族と一緒に泊まれるマンスリーマンションが人気を呼んでいることをご存知でしょうか。

ペットOKの物件は人気

旅行をしたいと考えても、ペットを飼っていると不在中の世話は誰がするのかという事がネックとなります。欧米ではペットと一緒に泊まれるホテルが多数あるのに、日本では未だ少数派と言っても良いでしょう。しかし、最近では長期滞在の際に重宝するマンスリーマンションで、ペット可という物件が増えています。これで旅行中も可愛がっている家族の一員を心配しなくて済むうえに、一緒に旅行を楽しむことが出来るということで、こういった施設が高い評価を受けるようになりました。

ペットと暮らすのに便利な設備とは

ペットも一緒に泊まれる物件で便利な設備は、例えば壁のクロスがニオイの付着しにくい素材であったり、物件によっては空気洗浄機が室内に取り付けられていたりします。また、床の素材も滑りやすいものでは、犬や猫が歩く際に股関節を傷めてしまう可能性があるので、滑りにくく歩きやすい素材が選ばれています。元々ペット仕様として建てられているマンスリーマンションでは、共用部分でグルーミングルームや足を洗う洗い場等も設けられていることがあり、大変に便利で快適です。

ペットとの入居で持っていくべき物

大切な家族と一緒に入居するとなると、必要不可欠な物はいくつか出てくるはずです。中でも絶対に欠かせないのが普段食べ慣れている餌やトイレシートです。また、普段とは違う環境で緊張してしまうということも考えられるため、念のためマナーベルトやマナーパンツといったグッズもマンスリーマンションに持って行くと安心です。ウェットティッシュも多めに持って行きましょう。古い大きめのタオルも用意し、使わなければ現地で捨ててしまえば帰りの荷物も嵩張りません。

ペットと入居する際の注意点

自分にとっては大切な家族でも、周囲の人に迷惑をかけることは極力避けたいものです。そこでペットとのマンスリーマンションへの入居で注意するべきことは、先ず予約時に大きさや性別等をオーナーに知らせておくことです。それから、トイレのしつけは、最低限必要なことです。飼い主だけが外出するという際に留守番が出来そうもないというなら、ゲージも持参するべきでしょう。散歩等から帰ったら、しっかりとウェットティッシュ等で足を拭いて、マンスリーマンションの室内を汚さないことを心掛けてください。

おわりに

ペットと一緒に旅行することは、楽しい反面慣れるまでは気を遣う場面も出てくるかもしれません。マンスリーマンションならば、ホテルよりも広いスペースで自宅に近い環境でゆったりと過ごすことが出来るので是非一度ペットと一緒に泊まってみてはいかがでしょうか。

pagetop

HOME

マイページ