長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションの種類とは?特徴と併せてご紹介

マンスリーマンションの種類と特徴を紹介

マンスリーマンションの種類

マンスリーマンションの種類にはどのようなものがあるのでしょうか?そもそも、マンスリーマンションに種類があるということ自体、初めて聞いた・意識もしたことが無かったという方も多いでしょう。本記事では、マンスリーマンションの種類をそれぞれの特徴とともにご紹介いたします。

空室活用型

空室活用型とは、一般的な賃貸マンションの空室をマンスリーマンションとして活用しているマンションの種類のことです。同じマンション内に、一般入居者とマンスリーマンション入居者が混在していることがこの種類の特徴です。物件によりますが、元々が一般賃貸でありマンスリーマンションをサブ的な立ち位置で考えられているような物件の場合、家具・家電が十分に整っていないなどマンスリーマンションとしての設備で満足いかないところもありますので、事前に確認をしておくようにしたほうがよいでしょう。

分譲型と専業型

分譲マンションとして建てられた物件が、分譲型。マンスリーマンションをすることをはじめから前提として建てられた物件が専業型です。

分譲型

分譲型はもともと分譲マンションとして建てられているだけあって部屋のグレードや物件自体の立地も良いことが多いです。しかし、ハイグレードな扱いとなりますので、費用が高くかかることがある他、マンスリーマンションとしての設備が十分にそろっていないこともあるため注意しましょう。

専業型

専業型はマンスリーマンションとして申し分のない物件だと言えるでしょう。マンスリーマンションとしてそもそも建てられている物件であるためです。短期出張・旅行などに使用する際にも向いている物件です。

ホテル型

ホテル型は、ホテルとマンスリーマンションの特性を併せ持った種類です。特徴としては、物件に寄りますが、コンシェルジュがいたりセキュリティが完備であったりと、本当のホテルさながらのサービスを受けることができたりします。ホテル型は、サービスが整っている傾向がある代わりに料金が割高となっていますので、金額を重視するのかサービスを重視するのかによって、ホテル型を利用するかどうかは判断するようにしましょう。

おわりに

マンスリーマンションにはこのように多くの種類があります。

空室活用型・分譲型・専業型・ホテル型、普段はなかなか意識することのないこのような種類や特徴について知っておいても良いでしょう。

pagetop

HOME

マイページ