長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションの滞在を延長したい時はどうすれば良いか

マンスリーマンションの滞在を延長したい時

滞在の延長

いつまでマンスリーマンションを使うかわからないから、仮で滞在日程を伝えておこう。 こういった場合、滞在の延長が必要になる場合があります。 マンスリーマンションの滞在の延長はどうすれば良いのでしょうか?

マンスリーマンションは一般賃貸とは違う

一般賃貸の場合は、一定期間を超える長期で住み続けることが前提です。 そのため、一般の賃貸は契約期間が過ぎる前に再度2年契約等年単位での契約更新をする事で住み続ける事が可能です。
しかし、マンスリーマンションはその名前の通り一ヵ月単位など短期間で住むことを想定されています。
マンスリーマンションの場合は、契約期間が過ぎれば退去しなければなりません。 この違いについて、知っておくようにしましょう。

マンスリーマンション延長時の手続き

マンスリーマンションの滞在を延長する場合には、再度契約をする必要があります。 初回契約の際と比べると契約は簡略化されていることが多いですが、ただ再契約自体はありますのできちんと覚えておきましょう。 また、マンスリーマンションの滞在を延長する場合、初回同様前払いで料金を支払っておく必要があります。 延長手続きの際は、この料金についても理解しておくと良いでしょう。

おわりに

マンスリーマンションに滞在していて、延長が必要になった場合は速やかに申し出るようにしましょう。 その部屋の次の入居者が決まっていなかった場合は、スムーズに延長手続きを行うことができます。
また、埋まってしまっていたとしても、同じマンションの別の部屋を借りることのできる可能性もあります。
いずれにせよ、早めに伝えておくことで空きを押さえることができる可能性は高くなるでしょう。 マンスリーマンションの滞在が長引くことが決まった際には、必ず早めに伝えておきましょう。

pagetop

HOME

マイページ