長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションの審査基準は低い?その理由と注意点を解説!

マンスリーマンションの審査基準について

審査の基準

マンスリーマンションは職業を問わず、家具や家電付きの部屋に住めるのが魅力です。メールなどの簡単なやり取りだけでも契約可能ですし、緊急であれば即日の入居もできます。気軽に入居できるマンスリーマンションの審査基準は、どうなっているのでしょうか。

マンスリーマンションの審査とは?

通常賃貸契約をするためには、家賃滞納や迷惑行為などが起こらないように、入居審査が行われます。しかし、マンスリーマンションの多くは、利用料金の前払い制を導入していることが多いため、トラブルが起きる可能性が少なく、詳細な入居審査を必要としない物件が多いのです。もちろんすべての業者が実施していないわけではなく、業者によって違いがあるので、よく確認しておきましょう。ですからマンスリーマンションの入居に関して少しでも不安がある方は、審査がほとんど必要ない物件を選ぶと安心です。

マンスリーマンションの審査基準は低い?

業者によって違いがあるといっても、マンスリーマンションで実施されるのは、ほとんど簡易な審査です。かなりグレードの高いマンションであれば、多少厳しいことも考えられますが、一般的には書類の記載に虚偽がないかの確認や、在籍確認と身分証明書の提出をするくらいで審査の基準はかなり低いといえます。簡易で基準が低いからといって、適当に記載をしたりミスがあったりすると、落ちてしまうこともあるので気を付けましょう。中には結果を通知してくれる業者があるのですが、大抵の場合、結果は通知されず、そのまま契約に進みます。

審査が厳しくない理由とは?

賃貸物件であれば審査を低い基準にするとリスクが高くなるのに、なぜ厳しくしないのでしょうか?その理由はトラブルが起きにくいように、工夫をして運営を行っているからです。マンスリーマンションは入居前にすべての料金を支払ってもらえば滞納の心配はありませんし、定期借家法という法律が適用されるため、もしもルールを守らない入居者がいれば、法律により契約更新を拒否することができます。 これらの理由から審査を厳しくしなくてもトラブルが起こりにくいため、厳密に行わなくても運営していけるのです。

このようなことに注意していれば安心!

マンスリーマンションは学生や主婦、定年後の方や無職の方であっても契約できますが、誰でも入居できるわけではなく、マンスリーマンションを利用する明確な目的が必要です。目的が定かでないと入居できないこともあるので、住むための理由とどの程度の期間利用するのかを契約前に明確にしておきましょう。未成年者であれば契約者は親や親族など成人が契約することになりますが、就職していて在籍確認ができれば本人でも契約できることがあります。中には連帯保証人が必要な場合がありますが、もし保証人が見つからないときは、クレジットカードによる審査ができる会社なら契約が可能となることもあります。

おわりに

審査の基準が低いとされるマンスリーマンションですが、まったく行われないわけではありません。

入居者が安全に暮らせるように、審査のボーダーラインが定められています。気軽に入居できるのが魅力ですが、ある程度審査がしっかりしている会社を選べば、より安心して生活できるでしょう。

ご入居までの流れをより詳しく知りたい方はこちらからd
pagetop

HOME

マイページ