長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションで実際に必要な初期費用とは

実際、契約時に必要な初期費用とは

家とパソコンと電卓

マンスリーマンションは通常の賃貸と比べて手続きが簡易であり、なおかつ初期費用を低く抑えることができるのが大きな魅力です。ここではマンスリーマンションの契約の際に必要な初期費用や、その内訳について解説します。

気になる初期費用の内訳とは?

マンスリーマンションの初期費用の内訳は、賃料を除くと管理費と水道光熱費・清掃費が主体です。例として大阪の一般的なマンスリーマンションを見ていくと、管理費で12,000円~30,000円程度と幅があります。水道光熱費は1日600円程度で月額は18,000円前後となるでしょう。清掃費は契約時に発生する費用で20,000円程度となります。その他鍵交換費用など請求される細かい内訳は管理会社によって異なり、支払うタイミングも入居時もしくは退去時などさまざまなケースが考えられます。ベッドやテーブル、エアコンといった必需品である家具・家電は備え付けられているパターンがほとんどです。

仲介手数料も不要!

一般的にはマンションやアパートと賃貸契約を結ぶと、初期費用で家賃1〜2ヶ月の敷金や礼金の支払い義務が発生します。加えて紹介してもらった不動産会社に対しても、仲介手数料を支払うというのは通例です。しかし、初期費用がリーズナブルであるマンスリーマンションには、敷金・礼金や仲介手数料は発生しません。管理会社にもよりますが、発生する料金は入居前に支払う清掃費のみとなっています。敷金・礼金の負担額は特に大きいため、こういった初期費用を安く抑えられるのは大きな魅力と言えます。

管理費についてはどうなのか?

管理費とは通常の賃貸マンション・アパートにおける共益費に該当するものであり、廊下・エレベーターやゴミ捨て場など共有スペースの清掃・修復や維持費に充てられます。水道光熱費と同様に、1日ごとの日割り計算による金額設定であることが多いです。管理会社や物件によっては管理費を徴収しないところもあるため、月額費用を抑えたい方は管理費が発生しない物件を探すと良いでしょう。またインターネット費用も管理費に一括で含まれている場合があるため、特に通信関係を使わない方はその内訳をよく確認する必要があります。

クリーニング代は入居時に支払う

一般的な賃貸においては敷金から差し引かれたり、退去後に別途クリーニング代として支払ったりすることが多いですが、マンスリーマンションの場合は入居時に支払うケースが多いです。引っ越した後に専門の清掃業者が部屋をクリーニングするための費用で、契約時に一律で費用が発生する場合と契約日数によって金額が変動する場合があります。一律の場合20,000円程度が相場で、契約日数で変動する場合は1ヶ月未満であれば20,000円、1〜3ヶ月の期間であれば30,000円など料金設定はある程度の期間で区切られているとが多いです。同居人がいる場合、料金が増える可能性があることも覚えておきましょう。

おわりに

マンスリーマンションは通常の賃貸マンションよりも賃料がやや高めであるものの、初期費用が圧倒的に低いため短期間の利用であれば発生する費用総額を大幅に減らせるため非常に魅力的です。

管理費・水道光熱費などを含めた総額で比較しつつ、利用期間に適した物件を契約するのがポイントとなります。

pagetop

HOME

マイページ