マンスリーマンションの選び方について

ソファで電話をする女性

マンスリーマンションはビジネスマンや若い学生に嬉しい、住まいの新サービスです。様々な街に便利で快適な住まいが用意されており、選択肢は非常に豊富です。そんな数ある選択肢の中から自分のニーズとライフスタイルに合ったマンスリーマンションを探しましょう。

自分に合ったマンスリーマンションの選び方

内装や外観は綺麗な方がいい、という方は新築のマンスリーマンションにしましょう。新規建設された建物であれば、見た目や内装は新築分譲マンションと大差がなくおすすめです。アクセス面の利便性を求める方は、出来る限り駅に近い物件を選ぶ選び方がオススメです。お買い物の手軽さを求める方には、近くにコンビニやスーパー、商店街などがある街の中心街のマンスリーマンションが適しています。ペットの飼育や楽器演奏が趣味の方は、ペットOKな物件や防音対策が施された物件から探す選び方がオススメです。

このようなお部屋は比較的安くてお得

短期出張中の家賃を出来る限り安く抑えたいという悩みがある方は、いわゆる3点ユニットタイプの物件を優先的にチェックすべきです。トイレや浴室や洗面所、この3点が同じ部屋にひとまとめになっている物件は家賃がとても安価になります。いわゆる海外のホテルのようなレイアウトであり、少し違和感はあるかもしれませんが、費用対効果は抜群で、特に短期間だけ拠点として利用するなら充分です。 また間取りが物理的に狭く、ワンルームタイプであれば維持費が安価であり、一人暮らしなら不便さも感じません。

快適に過ごすためには設備にこだわろう

長期間の地方滞在や大学通学中の拠点として借りるなら、設備が充実した物件が最適です。賃料は平均的な水準よりも高くなりますが、新型の家電製品や利便性に優れた家具や収納雑貨、インターネット回線などの設備が整っていれば、実家を離れての長期滞在でも全く苦になりません。浴室乾燥機や大型のクローゼットなど、便利な設備があれば引っ越し後、別途同じ家具や家電などを買い足すコストが要らず、場合によっては大幅な節約にもなります。

意外と見落としがち!立地や治安もチェック

線路や広い道路の近くに立ったマンスリーマンションは、やや騒音の悩みが出ることがあります。神経質な方や部屋で勉強したり仕事の用意を普段からよく行ったりしている方は、騒音の悩みを持ちたくないのであれば避けた方が賢明です。郊外の物件であれば静かに過ごせますし、自然豊かな立地条件であれば鳥の声や川の音など、風流な気分も味わえます。街によって治安の良さは変わるので家族やカップルで暮らす場合、穏やかに暮らせる地域にしたいところです。若い世帯向けに開発された新興住宅地周辺や郊外の自然豊かな街であれば、治安面も安心でき、子育て世代にも安心安全です。

おわりに

多種多様なマンスリーマンションがあり、ユーザーの選択肢は非常に豊富になり悩みが多くなります。

だからこそ自分が新居に求める条件や目的をよく考えて物件を選びたいところです。設備や家賃、環境は物件ごとに異なり、何を最優先すべきか、どういった条件は譲れないかよく考えた選び方をするようにしましょう。

pagetop

HOME

マイページ