長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム【徹底比較】マンスリーマンション VS ビジネスホテル 

マンスリーマンションとホテルを徹底比較

マンスリーマンションで暮らす

出張や旅行などの短期の滞在をする際、マンスリーマンションとビジネスホテルのどちらを選ぶかという選択肢があります。 様々なメリットデメリットが双方にありますので比較してみましょう。

マンスリーマンションのメリットとデメリット

マンスリーマンションの1番のメリットは、家電や家具などが充実している点です。 例えば、短期で使用するのであればそのために家具や家電を購入するのは大きな負担となります。 生活に必要な家具家電は備え付けてあるケースが多く便利です。 一方デメリットは、入居審査が一般的な賃貸よりも緩めに設定されている事が多いため、近隣に住む方がどのような方か分からないケースがあります。 また、費用面で一般的な賃貸よりも高額に設定されている傾向が高いのもデメリットです。

ビジネスホテルのメリットとデメリット

ビジネスホテルのメリットは、駅などの栄えているところから近いということ、さらに利用したい時にすぐに使えるということが挙げられます。 マンスリーマンションも契約は一般的な賃貸物件よりも簡易的ではありますが、それよりもさらに簡単でネットでも予約できるのがポイントです。 ベッドメイキングや清掃などは連泊すればしてもらえます。 デメリットは、生活に必要な生活家電は部屋にはそろっていないことがほとんどで、洗濯などは決められた場所で行う必要があり、炊事をすることは不可能です。 費用面でもマンスリーマンションよりも高額となる傾向が高いのでデメリットとなります。

設備面で比較してみる

設備の面では、マンスリーマンションの場合は生活に必要な家具家電はそろっていることが多いので、準備をする必要がありません。 コンロなどもありますので、炊事をすることも可能です。 中にはお風呂場や洗濯に使う洗剤やスポンジなども準備されているところもあります。 ビジネスホテルの場合快適に泊まるという点では優れてはいますが、生活をするとなると炊事するためのコンロもありませんし、洗濯機もありません。 朝食はプランに含まれていることもありますし、ホテル内にはレストランがあるケースもあります。

気になる費用面を比較!

都内の主要三区、主要駅で比較してみますと、マンスリーマンションの費用は15万円~16万円が相場となります。内訳としては、賃料・管理費・光熱費です。 一時金で3万円ほどかかりますが、こちらはクリーニング代などにあたります。 ビジネスホテルですと1泊7,000円程度です。 1カ月で考えるとビジネスホテルは21万円かかることになりますので、マンスリーマンションの方が安くなります。 しかし、エリアやホテルのランクによっても変わってきますし、連泊であれば割引が適用されるケースもあります。

おわりに

マンスリーマンションもビジネスホテルもメリットとデメリットがありますし、エリアによっても変わってきます。

利用目的や期間によって費用も変わってきますので、細かく設定した上で比較をしてみることをお勧めします。

pagetop

HOME

マイページ