マンスリーマンションの契約の違いについて

契約形態

マンスリーマンションと一般賃貸では一般的に契約形態が異なります。定期借家契約と普通借家契約というのがその違いになりますが、この契約の名前についてお聞きになったことはありますでしょうか?
マンスリーマンションへの入居を検討されているのであれば、この仕組みについても知っておいて損はないでしょう。本記事では、定期借家契約と普通借家契約それぞれの内容と違いについてご説明いたします。

マンスリーマンションと一般賃貸の違い

マンスリーマンションと一般賃貸とでは一般的に契約形態が異なります。マンスリーマンションは、定期借家契約、一般賃貸は普通借家契約という契約を結びます。
※一般賃貸でも定期借家契約を結ぶことがありますので、このようなケースが「多い」と理解されると良いでしょう。

以下では、各契約の違いについてご説明いたします。

普通借家契約とは?

普通借家契約とは、1年以上の契約期間(通例としては2年とすることがある)を定め、貸主から借主に物件を貸し出す契約のことです。※例外として、1年を下回る契約期間を定めた場合は、自動的に期間に定めのない契約になります。
貸主からの解約はそれに相当する正当な事由がなければすることはできません。逆に、借主からの解約は費用を支払えば可能です。
多くの場合、中途解約に関する特約を定め、中途解約の際はそのルールに準じることになるのです。

定期借家契約とは?

定期借家契約は、契約期間を自由に定めることのできる契約です。そのため、ウィークリーマンション・マンスリーマンションなどはこの定期借家契約に属します。
契約期間の他には、ルールとして契約更新がないということもあげられます。契約期間が終了した時点で契約は終了となります。
また、普通借家契約では、契約は書面であっても口頭であっても結ぶことができますが、定期借家契約の場合は必ず書面による契約を結ばなければなりません。

借りる(利用)期間は設定可能?

特に定期借家契約に関しては、契約期間は完全に自由に設定できます。それこそ、1日から契約が可能で、5年でも10年でも自由にできます。
この契約期間は貸主が自由に設定できることから、実際の定期借家契約が結ばれる際には貸主・借主両者の合意によって様々な期間での契約が結ばれます。

おわりに

定期借家契約と普通借家契約の違いや内容についてご説明いたしました。

マンスリーマンションに住む際は、定期借家契約を結ぶことになりますので、基礎知識としてこの内容の違いについてぜひ知っておくと良いでしょう。

pagetop

HOME

マイページ