長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションで家具や家電が故障した場合はどうしたらいい?

マンスリーマンションで家具や家電が故障

家具家電の故障

マンスリーマンションに住んでいる間に、設備や備品である家具や家電が壊れてしまったときはどうすれば良いのでしょうか?気になるこの疑問に本記事ではお答えいたします。

マンスリーマンションの備品・設備とは?

マンスリーマンションの設備は、物件共通の基本設備と物件ごとに異なる設備の二種類があるのです。基本設備としては、テレビ、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫、照明、ベッド、テーブルなどが挙げられます。
生活をする上で最低限必要な家具や家電は基本設備として備えられていると考えてよいでしょう。
物件ごとに異なる設備としては、オートロックやエレベーター、駐輪場、モニター付きインターホン、カードキー、オール電化、ウォシュレットなど人によっては必要ない。贅沢品と感じることもある品物です。こういった設備は人によって要・不要が異なってきますので、自身に必要な設備・備品を備えた物件を選ぶようにしましょう。

壊してしまった・故障したときはすぐに連絡

マンスリーマンションに住む上でわざとでなくとも、家具や家電が故障してしまうことはあります。ケースや物件にもよりますが、安心できる物件では「火災保険(補償付)補償」がついており、ある程度の内容に関しては保険で補償してくれるようになっています。
とはいえ、壊してしまったものを退去ギリギリまで報告しなかったり、補償の範囲外の故障であったりなどイレギュラーな場合は、別途の対応が必要となることもあります。
壊れたことを隠していても、誰にとってもいいことはありません。壊れた・壊してしまったときはすぐに連絡するようにしましょう。

自然に壊れた場合は?

自然に壊れてしまった場合は、当然借主は負担をしなくて良いのです。交換してくれることがほとんどですので、この場合もすぐに連絡をするようにしましょう。こちらの場合も、壊れてしまった後にそのまま放置してはいけません。
長く放置してしまった場合、自然に壊れたのか誰かが壊したのかの判断がつかなくなるケースがあります。そうなってしまっては、費用を支払う必要がでてしまったり、そうでなくとも嫌な思いをしたりすることになることもあるでしょう。自然に故障した場合でも可能な限り速やかに連絡をするようにしてください。

おわりに

マンスリーマンションで家具や家電などの設備や備品が壊れてしまった場合の対応についてご説明してまいりました。あなたが過度な損をするような対応になってしまうことは基本的にはありません。

ただ、連絡を怠った場合、本来支払う必要のない料金を支払わなければならなくなる可能性もありますので、壊れてしまった場合は速やかな報告を徹底するように心がけましょう。

pagetop

HOME

マイページ