長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム法人担当者様必見!マンスリーマンション契約時の注意点

法人担当者様必見!マンスリーマンション契約時の注意点

法人担当者様必見!マンスリーマンション契約時の注意点

長期の出張や社宅として、マンスリーマンションの利用を考えていませんか?
長期でホテルを利用するよりも、マンスリーマンションの方が使い勝手が良く、値段も比較的リーズナブルです。そのため、法人担当者様は長期の出張や社宅に、マンスリーマンションの利用を検討されることでしょう。
そこで今回は、マンスリーマンション契約時の注意点についてご紹介します。

マンスリーマンションの設備や備品がそろっているか?

マンスリーマンションには一通りの設備や備品がそろっていますが、契約前に一度詳しく確認しましょう。

家具家電や寝具の確認

マンスリーマンションには大抵の家具家電は設置されていますが、マンション内にコインランドリーを併設している場合は、洗濯機が設置されていないこともあります。
冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、洗濯機、エアコン、掃除機など、日常生活に最低限必要とされる家電が設置されているか不安な方は、運営会社に確認しておくと良いでしょう。

なお、寝具に関しては、布団が別料金の物件や、ベッドがあってもシーツに料金が発生する物件があります。寝具の持ち込みや、レンタルする必要があるのか事前に確認しておきましょう。

インターネット環境の確認

多くのマンスリーマンションにはインターネット環境が完備されていますが、どのようなインターネット環境かは、物件によって異なります。中には、インターネット環境が用意されていない物件や、ポケットWi-Fiのレンタルのみの物件もあります。インターネット環境は、事前に、運営会社に確認しておきましょう。

周辺環境は大丈夫?周辺情報の収集

マンスリーマンションの周辺に、食料品を扱うスーパーやコンビニなどがない場合、生活が不便に感じることもあるでしょう。そのため、マンスリーマンション契約時は、マンションの周辺情報は収集する必要があります。
また、防犯のために、最寄り駅までの時間や街灯の数なども確認することをおすすめします。
なお、周辺環境は、マップツールを利用することで簡単に調べられますが、余裕があればマンション周辺に訪れて確認するようにしましょう。

契約書の内容を確認する

一般的な賃貸物件を借りるときは、不動産業者による重要事項説明が行われます。しかし、不動産業者から物件を借りているサブリース会社とマンスリーマンションの契約をする場合、重要事項説明が行われない可能性もあるでしょう。
説明が行われない場合、家賃の支払いタイミングや違約金などについては契約書の内容をしっかり確認するようにしてください。

おわりに

今回は、マンスリーマンション契約時の注意点についてご紹介しました。

マンスリーマンションを契約する際は、「イメージと違った」ということにならないように、事前にマンションの備品や設備、周辺環境、契約書の内容などをしっかり確認しましょう。

pagetop

HOME

マイページ