マンスリーマンション生活時の節約術を大公開

マンスリーマンション生活時の節約術を大公開

マンスリーマンションを使うことで得られるメリットの1つが「節約」です。ホテルではなくマンスリーマンションを活用することで、宿泊費や社員が負担する生活費を減らすことができます。
社員の経済的負担を軽減できれば、出張や単身赴任に対する不満を減らすことができ、業務効率向上に結びつくことでしょう。今回は、マンスリーマンション生活時の節約術についてご紹介します。

備え付けの調理器具で自炊

ホテルと異なり、マンスリーマンションにはキッチン設備があります。レンジやシンクだけでなく、鍋やフライパン、食器などの調理器具が用意されているため、これらを利用して自炊をすれば食費を節約することが可能です。
また、マンスリーマンションには冷蔵庫や冷凍庫も設置されています。一度に大量の料理を作って冷蔵・冷凍保存し、食べたいときに温めるだけで良いようにしておけば、時間的にも労力的にも節約になるでしょう。

割安価格のスーパーを見つける

マンスリーマンションの近くに割安な価格で食料品を提供するスーパーがあれば、社員は買い物をする際に節約しやすくなります。
マンスリーマンションの近辺にあるスーパーの情報を調べて、社員に共有してあげることで、社員は買い物の工夫がしやすくなり、滞在先で快適に過ごすことができるでしょう。

電気や水道の使用量を抑える

基本的にマンスリーマンションでは、1日につき一定額の水道光熱費を請求しています。定額制とはいえ使い放題ではありませんし、水道や電気を使いすぎると別料金が発生する可能性があります。特に、真夏や真冬は冷暖房でコストがかかりやすい傾向にあります。

おわりに

今回は、マンスリーマンション生活時の節約術についてご紹介しました。出張や単身赴任の滞在先にマンスリーマンションを利用することで、ホテルに滞在するよりも、大幅なコスト削減につながるでしょう。

また、マンスリーマンションに滞在する社員は、備え付けの調理器具で自炊したり、買い物を工夫したりすることで、生活費を節約できます。

社員の滞在先として、マンスリーマンションを選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。

pagetop

HOME

マイページ