長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションで生活を始めるときに用意不要なものは?

マンスリーマンションで生活を始めるときに用意不要なものは?

マンスリーマンションで生活を始めるときに用意不要なものは?

マンスリーマンションは、社員の長期出張や単身赴任の滞在先として、多くの企業に利用されています。
社員にマンスリーマンションを用意するにあたり、用意が必要なものと不要なものは何か、疑問に感じる方がいらっしゃるのではないでしょうか。特にマンスリーマンションは、賃貸物件やビジネスホテルとは異なるため、用意が不要なものを判断しにくい部分があります。
そこで今回は、マンスリーマンションで生活を始めるときに用意不要なものについてご紹介します。

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションとは、30日以上滞在できるマンションです。30日以上滞在する場合は、希望に応じて滞在日数を調整することができます。
大きな特徴として、生活に必要な家具や家電が、ほとんどそろっている点が挙げられます。最低限の荷物を持参すれば、入居してすぐに生活を始めることが可能なため、引っ越し準備に時間を割けないビジネスユースの利用に向いています。

マンスリーマンションで生活を始めるときに用意不要なものとは?

マンスリーマンションに用意されているものがわかれば、不要なものは用意せずに済みます。ここでは、マンスリーマンションに用意されているものをご紹介します。

家具・家電

マンスリーマンションには、生活に必要な家具・家電が一通りそろっています。タンスやクローゼットといった衣服を収納する家具はもちろん、テーブルや鏡なども用意されています。
また、エアコンや液晶テレビ、冷蔵庫、電子レンジなどの家電も充実しているため、入居後すぐに快適に生活できるでしょう。
食器類に関しては、管理会社によって用意しているかどうかが異なります。また、レンタル料を支払って借りられるケースもあるため、契約時に確認しましょう。

バス・トイレ用品

バスタオルやフェイスタオルは用意してあることがほとんどです。なお、バス・トイレを掃除するための用具はマンスリーマンションによって用意の有無が異なります。こちらも契約時に確認しておくと良いでしょう。

おわりに

今回は、マンスリーマンションで生活を始めるときに用意不要なものについてご紹介しました。

家具・家電や調理器具は、生活に困らない範囲で用意されていることがほとんどです。用意されているにも関わらず、準備してしまうと余計な費用がかかってしまいます。

そのため、契約時に何が必要で何が不要なのかを確認し、マンスリーマンションを利用する社員に伝達するようにしましょう。

pagetop

HOME

マイページ