長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム社員寮としてもおすすめ!マンスリーマンションのお得な利用方法

社員寮としてもおすすめ!マンスリーマンションのお得な利用方法

社員寮としてもおすすめ!マンスリーマンションのお得な利用方法

出張や単身赴任など、ビジネスシーンにおいて多く利用されるマンスリーマンションは、社員寮としての利用がおすすめです。
社員寮といえば、賃貸マンションのイメージが強いかもしれません。しかし、マンスリーマンションのほうが、賃貸マンションよりも費用を抑えられる場合があります。今回は、マンスリーマンションを社員寮として利用するメリットや利用方法についてご紹介します。

賃貸マンション契約時の費用は?

家賃10万円のワンルームマンションを賃貸した場合、その契約時に想定される費用は以下の通りです。

敷金・礼金
10万円×2カ月
仲介手数料
10万円
鍵交換や清掃費
約4万円
火災保険等
約1万5,000円

これらの費用に加えて、家具・家電の購入費や引っ越しに伴う費用が掛かります。トータルでは、40万円~50万円程度の費用が発生するでしょう。

マンスリーマンションは敷金・礼金が不要

家賃10万円のワンルームのマンスリーマンションを契約した場合、想定される費用は以下の通りです。

敷金・礼金
0円
清掃費
約1万9,800円
事務手数料
約2,000円

これらの費用に加えて、寝具レンタル代や管理費が発生する場合がありますが、マンスリーマンションは敷金・礼金や仲介手数料が掛からないため、一般的な賃貸マンションよりも割安です。また、社員が入社後すぐに退職してしまう事態を想定した場合、マンスリーマンションを借りたほうが、敷金・礼金や仲介手数料が無駄にならなくて済むでしょう。

マンスリーマンションのお得な利用方法は?

マンスリーマンションは、あらかじめ用意されている家具・家電を利用して生活します。そのため、家具・家電の購入費や引っ越しに伴う運送費が掛からず大変お得です。
極端に言えば、体ひとつで引っ越しができるため、入居後すぐに快適な暮らしが始められます。
引っ越しに掛かる費用を大幅に節約できることは、実際に入居する社員にとっても大きなメリットといえるのではないでしょうか。

おわりに

今回は、マンスリーマンションを社員寮として利用するメリットや利用方法についてご紹介しました。

マンスリーマンションは、一般的な賃貸マンションと比べて契約時に掛かる費用が割安で、大幅なコスト削減を期待できます。

また、マンスリーマンションには家具・家電があらかじめ用意されているため、家具・家電の購入費や引っ越しに掛かる運送費なども節約できます。社員寮を探している場合は、マンスリーマンションの利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

pagetop

HOME

マイページ