長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンション滞在時の住民票の取り扱いについて

マンスリーマンション滞在時の住民票の取り扱いについて

マンスリーマンション滞在時の住民票の取り扱いについて

さまざまな場面で利用されるマンスリーマンション。長期出張や単身赴任など、長期間マンスリーマンションに滞在する場合、住民票を移す必要があるのか気になる方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、マンスリーマンション滞在時の住民票の取り扱いについてご紹介します。

マンスリーマンション滞在にあたり住民票の異動手続きは必要?

住民基本台帳法で、転居した場合は正当な理由がない限り14日以内に住民票を移すよう定められており、これを守らないと5万円以下の過料が科せられてしまいます。この決まりのみを見ると、マンスリーマンション滞在時には必ず住民票を移さなければならないように思えますが、実際には以下の例外があります。

生活の本拠が別にあれば住民票の異動は不要

ビジネスでマンスリーマンションを利用するほとんどの方は、生活の本拠となる場所を別に持っており、そこから出張や単身赴任などの形式でマンスリーマンションに宿泊することでしょう。
この場合、マンスリーマンションは仮住まいとなるため、住民票の異動は不要です。

1年未満の滞在なら住民票は移さなくても良い

住民票の異動が義務付けられるのは「1年以上継続して生活の本拠が移る場合」とされています。つまり、マンスリーマンションの利用が1年未満の場合、たとえ生活の本拠が移る場合であっても住民票の異動手続きは必要ありません。

マンスリーマンションの規約上、住民票を移せないことがある

マンスリーマンションの運営会社によっては、「住民票の異動不可」と契約書に書かれている場合があります。これに違反して住民票の異動を行ってしまうと、マンスリーマンション側から契約を解除されてしまうかもしれません。
1年以上のマンスリーマンションの利用を予定しており、生活の都合上住民票を異動したい場合は、契約時にマンスリーマンションの運営会社に相談することをおすすめします。

郵便物の転送サービスを活用しよう

マンスリーマンション滞在中は、生活の本拠としている住所に郵便物が届いてしまいます。マンスリーマンションで生活している間も、大事な郵便物を見逃さないようにするためには、郵便局が行っている「郵便物転送サービス」の利用がおすすめです。
郵便物転送サービスに申し込むことで、生活の本拠地に宛てられた郵便物を、滞在先のマンスリーマンションに転送してもらうことができます。手続きは郵便局の窓口または郵便局の公式サイトから行うことが可能です。
転送期間は1年間となるため、1年以上同じマンスリーマンションに滞在する場合は再度手続きが必要になります。また、生活の本拠地に戻る際は、転送サービスの解除を忘れないようにしましょう。

おわりに

今回は、マンスリーマンション滞在時の住民票の取り扱いについてご紹介しました。

マンスリーマンション滞在時は、住民票を異動させる必要はありません。なお、マンスリーマンションの運営会社によっては、住民票の異動が不可と定められている場合があるため、生活の都合上住民票を異動したい場合は、あらかじめ運営会社に相談しましょう。

pagetop

HOME

マイページ