長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム予定が長引いた場合にマンスリーマンションの契約は延長可能?

予定が長引いた場合にマンスリーマンションの契約は延長可能?

予定が長引いた場合にマンスリーマンションの契約は延長可能?

マンスリーマンションは、滞在期間を決めて契約するマンションです。仮に1カ月の契約をした後で予定が長引いた場合、マンスリーマンションの契約は延長することができるのでしょうか。そこで今回は、マンスリーマンションの契約延長についてご紹介します。

通常の賃貸物件とマンスリーマンションの違い

通常の賃貸物件とマンスリーマンションの契約には、いくつかの違いがあります。通常の賃貸物件の場合、入居者が解約の申し出や手続きをしない限り、次の入居者を募集できません。
一方マンスリーマンションは、契約時に「○日まで滞在します」という形で期間を確約し、契約を締結します。そのため、マンスリーマンションでは、入居者の退出日に合わせて、次の入居者が決まっている場合があります。

マンスリーマンションの契約は延長可能?

マンスリーマンションの契約は、延長することが可能です。ただし、次の入居者が決まっている場合、滞在しているマンスリーマンションに近い場所で、別のマンスリーマンションを紹介されることがあります。
なお、マンスリーマンションの契約を延長する場合、延長の手続きが必要です。手続きには時間がかかる場合があるため、滞在期間が長引くことが分かった時点で、管理会社に相談することをおすすめします。

マンスリーマンションの利用について知っておいたほうが良いこと

マンスリーマンションを利用する場合、知っておいたほうが良いことがいくつかあります。

料金は前払い

マンスリーマンションの料金は、基本的には前払いです。そのため、当初の契約よりも短い期間しか滞在しない場合、滞在しなかった日数分の料金を全額返してもらえるとは限りません。

契約は滞在が確定している日数分にとどめる

前述した通り、料金は前払いが基本となるため、延長の予定を考慮して余計に契約をしてしまうと、滞在期間が短くなった際に、損失が発生してしまう可能性があります。予約は滞在が確定している日数分にとどめて、延長の可能性がある場合は、その旨を管理会社に伝えておきましょう。

おわりに

今回は、マンスリーマンションの契約延長についてご紹介しました。

マンスリーマンションの契約は延長することが可能です。ただし、次の入居者が決まっている場合は、別の部屋を紹介される可能性があります。滞在期間が長引くことが分かった時点で、管理会社に相談するようにしましょう。

pagetop

HOME

マイページ