長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム自転車生活なあなたに読んでほしい!マンスリーマンションの自転車事情!

自転車生活の人も安心マンスリーマンション

マンスリーマンションでも自転車生活

自転車は時間を自分でコントロールでき、周りの環境に左右されない利便性からシティライフに適しています。最近は、自転車生活が人気になっています。 既に自転車生活を始めている方で、マンスリーマンションでも自転車を利用したいという方に、マンスリーマンションの自転車事情をご紹介します。

駐輪場はある?料金はどのくらい?

マンスリーマンションで自転車を使いたいという場合、まずは駐輪場があるかどうかをチェックしましょう。物件ごとに駐輪場の有無は異なりますが、大体8割はあるとされています。また、駐輪出来る台数は戸数分確保されていることが多いようです。
駐輪場を使うときにはその料金も気になります。住人は無料で使える場合もあれば、賃料とは別に駐輪場の料金がかかることもありますが、料金がかかる場合でも高額であることは少なく、リーズナブルな金額です。

マンスリーマンションでも自転車利用はメリットが沢山!

マンスリーマンションで自転車を利用することにより、便利になることは沢山あります。 自転車は車や電車に比べると格段に行動しやすく、細い道でも通ることができるので、場所を選びません。また、まとめ買いをすると買い物の手間を省くことができますが、帰り道の荷物が重くなってしまうこともあるでしょう。 自転車があれば荷物を載せることができますし、ちょっと遠い場所でも帰りが楽です。特に普段から電車で通勤している人は、運動不足の解消になるというメリットもあります。 ちょっとした時間を活用し、体を動かすのがおすすめですし、ストレスの解消にもつながります。

マナーはしっかり守ってトラブル回避!

マンスリーマンションで自転車を利用したいという場合、マナーをきちんと守ることが大切です。マンションの駐輪場は住人全員で使っているものですし、他の人に迷惑がかからないように注意しましょう。駐輪場所が決められている場合、他のスペースに停めるのはマナー違反です。
また、部屋に持ち込むことが認められていない場合も多くあります。持ち込んだ場合、部屋が汚れたり傷ついたりしてしまう原因になるので、事前にルールを確認しておきましょう。

解約時の注意点

マンスリーマンションを解約するとき、自転車を置いていかないように注意しましょう。
現地で購入した場合は退去時に持っていくのは大変かもしれませんが、駐輪場にそのまま置いて退去してはいけません。他の住人や管理人にも迷惑がかかってしまう為、きちんと対処しましょう。不要となった場合は、粗大ゴミとして引き取ってもらうか、売るなどして処分する必要があります。引き取ってもらう場合は有料になりますが、まだ新しいものならリサイクルショップなどで買い取ってもらえます。

おわりに

マンスリーマンションでも、今まで通り引き続き自転車で生活を送りたい方もいらっしゃるでしょう。

物件によって細かいルールなどは異なりますが、うまく活用することで生活がより便利になるはずです。利用するときの注意点をきちんと守り、自転車と共に快適なシティライフを送りましょう。

pagetop

HOME

マイページ