長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリーマンションに2人以上で暮らす際の注意点!

マンスリーマンションに2人以上で暮らす際の注意点!

マンスリーマンションに2人以上で暮らす際の注意点!

社員の方の中には、出張先に家族を連れて行くことを希望される方がいらっしゃるかと思います。そんな社員の方の要望には、マンスリーマンションで応えることができるでしょう。
マンスリーマンションは、2人以上で利用することができますが、利用に際していくつかの注意点があります。今回は、マンスリーマンションに2人以上で暮らす際の注意点についてご紹介します。

マンスリーマンションは2人以上で利用できる?

マンスリーマンションは、2人以上での利用が可能です。そのため、出張先に家族を連れて行きたいといった社員の希望に応えることができます。
ただし、入居できる人数は、部屋のタイプにより異なります。ワンルームタイプは2名まで、ファミリータイプは4名までの場合が多いです。なお、マンスリーマンションは、管理会社の許可を得ずに滞在人数を増やした場合、契約違反となってしまいます。2人以上で利用する場合は、管理会社へ報告するようにしましょう。

マンスリーマンションを2人以上で利用する場合の料金は?

マンスリーマンションを2人以上で利用する場合、追加料金が必要です。例えば、ワンルームタイプのマンスリーマンションに2人で生活する場合、1名分の料金にプラスして大人700円・子供450円・幼児200円の追加料金が発生します。

ベッドは基本的に1つしかない場合が多数です

マンスリーマンションでは、単身者の利用を想定して、ベッドが1つしか用意されていない場合が多数です。そのため、滞在予定のマンスリーマンションに、必要な寝具がそろっているかを確認しておくことをおすすめします。なお、万が一寝具が足りない場合は、管理会社にレンタル布団を手配してもらう事が可能です。

2人以上で利用する場合は生活音にも注意!

2人以上での生活は、単身での生活に比べて、生活音が大きくなってしまいがちです。ほとんどのマンスリーマンションは防音仕様になっていますが、過度な騒音には対応しきれない場合があります。騒音は隣人トラブルにつながるため、生活音が大きくなってしまわないよう十分注意しましょう。

おわりに

今回は、マンスリーマンションに2人以上で暮らす際の注意点についてご紹介しました。

マンスリーマンションは複数人での利用が可能ですが、いくつかの注意点があります。例えば、管理会社に利用人数を正しく申告する必要があります。また、必要な寝具がそろっているか事前に確認しておくことも大切です。

マンスリーマンションを複数人で利用する予定がある方は、注意点について知っておきましょう。

pagetop

HOME

マイページ