マンスリーマンションビジネス利用例

マンスリーマンションビジネス利用例

ビジネスでマンスリーマンションを利用する

マンスリーマンションを使う理由として一番多いのが、長期出張や単身赴任などのビジネスでの利用です。会社側で賃貸を借りる場合、敷金・礼金などが必要になったり、家具を準備しなければならず、かなり費用が多くかかってしまいます。しかし、マンスリーマンションであれば、敷金・礼金は必要ありませんし、家具付きですので、すぐ快適な生活が始められます。 今回は、ビジネス利用でマンスリーマンションを借りてみた方の声を集めてみました。今後の参考にしてみてください。

長期出張(システムエンジニア職 32歳 男性)

システムエンジニアの仕事をしています。 意外に思われるかもしれませんが、長期出張が多い仕事なのです。 今回は、大きい企業の開発担当として半年間、大阪への出張でした。大阪はマンスリーマンションが多く、幾つかの候補から駅近・スーパーが近い・好みのインテリア・セキュリティの面で満足のいくところを選びました。肝心な仕事は毎日22時近くまでかかるので、身体はクタクタ。 しかし、ゆっくりくつろげる部屋がありましたので、システムの立ち上げまで頑張れました。

単身赴任(建設業 29歳 男性)

大阪府での再開発の仕事が入り、関東から関西へ単身赴任となりました。 建設予定の大阪中心地近辺で単身赴任先を探していたところ、大阪梅田のマンスリーマンションを見つけました。初めての単身赴任だったので心配な点も多かったのですが、調べれば調べるほど、マンスリーマンションの良い点がわかり、不安は解消されました。 実際に単身赴任をしてみると、部屋は綺麗だし、立地はいいし、会社の社員寮より住みやすいのではないかと思うくらいでした。 社員寮と同様、仲の良い同期と同じマンションに入ることもできたので、ワイワイ楽しく過ごせたのもよかったと思っています。

転勤の一時的な住まい(総合商社 27歳 女性)

商社の総合職として入社しましたので、転勤はつきものです。今まで東京から名古屋へ転勤になり、今回は今までの実績が認められ、昇格とともに大阪本社へ移動となりました。仕事に生き甲斐を感じているので、かなり嬉しいことだったのですが、新しい住まいを探す時間がないまま、本社への移動となってしまいました。会社ではそのことを考慮してくれ、二ヶ月間大阪のマンスリーマンションを一時的な住まいとして借りてくれたのです。私のマンスリーマンションのイメージは、“簡素で寝るには困らない部屋”という感じだったのですが、会社で借りてくれたのは、駅から近く、かなりインテリアにこだわったお洒落な部屋でした。賃料が高いのではと気になったのですが、意外と安く借りていることを知り、驚きました。もうすぐ借りて1ヶ月が経つのですが、このマンション以上の住まいが見つからず、困っています。

今回は3名の方の声を紹介しました。 それぞれ、様々な理由でマンスリーマンションを借りているようですね。本人はもちろん会社側にもメリットがあるので、長期出張などで賃貸を探している方は、会社側にマンスリーマンションをおすすめしてもいいかもしれません。

pagetop

HOME

マイページ