長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラム入院した家族の付き添いなど、負担の少ない快適環境として利用する

入院した家族の付き添いなど、負担の少ない快適環境として利用する

外国人技能実習生を受け入れる企業

仮住まいの利用は時間的に余裕もあって、選択肢もじっくり検討できる場合は、アパートでもマンションでも、ホテルでも、さまざまな選択肢を検討して、選べば良いのですが、急に必要な状況がでてきた、という場合は、手間がかからない仮住まい探しが優先されますね。たとえば、家族の入院。今回ご紹介するケースはそんな場合です。

病気にならないのがいちばん。でもだれでも病気になることもありますし、怪我などで入院を余儀なくされることもあります。そんなとき、心配になるのが家族の付き添いです。
基本的に完全看護の病院が増えてはいますが、家族が近くに居てくれて、いつでも病院に顔を出してくれることは、患者にとってなによりの励ましであり、力になります。

では、付き添い家族の宿泊先はどうします? たとえば手術当日の宿泊は病院が部屋に簡易ベッドを用意してくれることもあるでしょう。でもこれって、付きそう家族にとって疲れる要因でもあるのです。もちろん患者のことは気になりますが、寝心地の悪いベッド、しかも病院内での宿泊は、疲れたカラダを休ませる条件としては最悪と言えます。

では、無理をしてでも自宅から通う? それも選択肢としては考えられますね。でも、自宅から通えるとはいっても、交通費、時間帯など負担は増えそうです。そんなとき検討したいのが、家具付き、家電付きで借りられるマンスリーマンションです。

大阪・京都にあるという立地の良さ

長栄のマンスリーマンションは、大阪、京都にあります。都心の交通至便の環境は、関西一円にアクセス抜群。大病院のある大阪、京都市内へも負担無く通える範囲だと言えます。

また長期入院などの場合、さらに病院の近くのアパートを借りるという人もいらっしゃるでしょうけれど、生活できる程度の家具や家電を揃え、賃貸契約を結び、となると、かなり面倒な手続きが必要です。

病気治療にお金がかかる以外の出費はなるべく抑えたい状況のなか、賃貸契約をする必要のあるアパートなどを利用したり、ホテルを利用したりするのはお勧めできません。

その点、マンスリーマンションなら、すぐに生活がはじめられる環境が用意されていますので、患者のことだけに集中することができます。

家具や家電を自分で揃えることを考えると、費用はかくだんに安く抑えられます。

イメージ16

自宅とは別の環境が看護している家族のストレス軽減になる

もちろん、病院と自宅が近いという人もいらっしゃるでしょう。それにこしたことはないのですが、一方で、病院に入院している家族の世話と、自宅に戻ってからの家事などは、多くの場合、主婦として家族を支えている女性にのしかかります。高齢の両親が入院した場合なら、同居しているお嫁さん、あるいは娘がその負担を担うことになるケースが多いようです。

彼女たちは健気に患者の世話と家事をこなしますが、心身共に負担は増大するばかり。気の休まるときがありません。

そう、ひとりになりたい、と思っても、家族のために24時間、動き回っていることになりかねません。
たとえば、少し贅沢だと思っても、看護が必要な時期だけはマンスリーマンションを借りておいて、親族の誰かに手伝いに来てもらう、あるいは、息抜きの場として自由にくつろげる環境として確保しておく。こういう配慮は看護する側の健康維持のためには必要です。

親戚がお見舞いに来てくれたときの宿泊所としても活用

さらに、マンスリーマンションを借りておけば、遠くから親族がお見舞いに来てくれたときの宿泊所として活用してもらえます。
宿泊に費用がかからない分、なんどもお見舞いに足を運びやすくなるのも、患者にとっては心強いこと。「遠くからわざわざ、見舞いにくる必要はない」と口では言っても、家族の顔を見ると、力が湧いてくるのは、入院を経験した人なら、頷けることだと思います。

また、こうしたマンスリーマンションのような環境があれば、久しぶりに会った親族が話をする機会を持つきっかけにもなります。
たとえば、入院されている家族が高齢の両親などであれば、子どもにあたる親族は、密に話をし、患者にとってよりよい介護環境を、今後のことも含め話をする、そんな環境作りは必要です。

マンスリーマンションだから気軽に解約もできる

そしていよいよ退院となれば家具や家電の処分などのことを考える必要なく、マンションンを解約すればよいわけです。

借りていたアパートやマンションンとは違って、家財道具をまとめて引っ越しの手配をしなくてはいけない、なんてことはありません。

家族の入院という精神的にストレスのかかる現実と向き合うとき、そのなかでもより負担を軽減できて、より快適な環境を作るにはどうしたらよいのか。
そんな選択肢のひとつに、マンスリーマンションの活用を考えてみましょう。

マンスリーマンション・ウィークリーマンションなら
長栄マンスリーマンション大阪受付センターへご相談ください!

マンスリーマンション・ウィークリーマンション長栄マンスリーマンション大阪 トップページはこちら

pagetop

HOME

マイページ