長栄マンスリーマンション大阪受付センターマンスリーマンションコラムマンスリー、ウィークリーマンションを賢く使おう。

マンスリー、ウィークリーマンションを賢く使おう。

マンスリーマンション、ウィークリーマンションを賢く使う方法

マンスリーマンションやウィークリーマンションというものがあるのは知っているけれど、実際どのように活用すれば得なのか、ご存知でしょうか。
今回は、いろいろなケースを例に、マンスリーマンション、ウィークリーマンションを賢く使う方法を考えてみましょう。

ホテルがお得?ウィークリーマンションがお得?

まずは、ゴールデンウィークや夏の長期休暇を使って長期の旅行に行く場合を考えてみましょう。
今年、2017年のゴールデンウィークを例にとってみると、一般的には4月29日〜30日の2連休と5月3日〜7日の5連休になるようです。
ここで5月1日〜2日の2日間に有休を取ったとしたら、9連休という超大型連休になるわけです。例えば、こんな長い休みを利用して、まるまる1週間旅行に行くことを考えたとしましょう。
1週間あるわけですから、一つの県だけでなく、その地域全般を観光することもできるでしょう。例えば近畿の交通の要所である大阪に拠点をおいて、京都や奈良、神戸を日帰りで観光するなんてこともできます。
このような場合に拠点にするのであれば、ホテルに連泊するのが良いのでしょうか、それともウィークリーマンションを借りる方が良いのでしょうか。

ホテルに連泊する場合のメリット

まず、ホテルに連泊する場合のメリットを考えてみると、部屋の清掃やアメニティグッズなどの消耗品の補給は毎日ホテル側がやってくれるということでしょう。また、フロントでタクシーの手配や、目的地までの道を尋ねたりなどのサービスを提供してもらえることもメリットといえるでしょう。

一方、一般的にホテルで連泊した場合は同じ期間ウィークリーマンションを借りた場合よりも費用がかかるのがデメリットと言えるでしょう。また、多くの場合、ホテルでは自炊が不可能であるということもデメリットと言えるかもしれません。

ウィークリーマンションを借りる場合のメリット

次に、ウィークリーマンションを借りる場合のメリットを考えてみると、やはり、ホテルに連泊する場合よりも費用が安く済むことが挙げられるでしょう。

さらに、ただ安いだけでなく、部屋の質や広さも1日の宿泊料金が同じ値段帯のホテルと比べて、ランクが上であることも魅力です。例えば、長栄マンスリーマンション大阪受付センターが提供しているセレニテ梅田北プレミアムという物件では、高級マンションの一室のような部屋を一般的なビシネスホテル程度の値段で借りることができます。

また、自炊可能な場合も多いので、旅先でおいしそうな食材を見つけた場合にその日の夜に料理する。何てことができ、まるで家にいるようにくつろげることも大きなメリットです。例に挙げた大阪の場合だと、黒門市場など地域の食材が集まる市場もあるので、新鮮な食材をリーズナブルに手に入れて、のんびりとくつろぎながら食べるという贅沢を味わえるのは、ウィークリーマンションならではです。

一方、ウィークリーマンションのデメリットを挙げるとしたら、多くの場合、最低7日からしか借りられない点です。

以上のことから考えると、2〜3日の短期の旅行や、長期旅行であっても長距離を移動しながらの旅行であれば、いく先々でホテルを取る方が良いと言えそうですが、拠点を構えての7日を超える長期旅行の場合には、ウィークリーマンションを借りて同程度の価格で1ランク上の旅行を楽しむのが賢い旅行と言えるでしょう。

イメージ11

旅行以外でマンスリーマンションやウィークリーマンションが使える場合

次に、旅行以外でマンスリーマンションやウィークリーマンションを賢く利用できるシュチュエーションについて考えてみましょう。

ここで提案したいのが、就職活動の時期に仕事を探したい地域でマンスリーマンションを借りておくという利用の仕方です。
例えば、大阪や京都、兵庫など近畿周辺で仕事を探したいと思っているとしましょう。多くの場合企業説明会は同じ時期に行われますので、その時期に、近畿のどこにでも行きやすい大阪にマンスリーマンションを借りておき、そこを拠点にそれぞれの企業説明会に参加する。ということです。

同じ時期に同じ場所に、何度も訪れて、その都度ホテルに泊まるとすると、宿泊料金はその日の分だけで良くても毎回往復の移動費がかかってしまいます。

また、長距離の移動を繰り返すと、それだけでも疲れてしまうもの。こういった場合には参加したい企業説明会などが開催される期間、拠点を借りてしまうのが賢い方法と言えるかもしれません。
また、企業説明会だけでなく、実際に面接を受ける時にも、マンスリーマンションを借りて拠点とするのは賢い使い方といえるでしょう。

さらに、2〜3名での入居も可能なマンスリーマンションが多いので、同じ地域の企業説明会や面接を受ける友人と共同で借りて使うというのも良いかもしれません。ホテルであれば人数に合わせて料金が上がるので複数で泊まろうが一人で泊まろうが変わりませんが、マンスリーマンションであれば、1名追加(賃料500円/日と光熱費200円/日)だけで入居できるのでお得と言えそうです。

長期滞在のお供に。ウィークリーマンションとマンスリーマンション

いかがでしたか? 旅行や就職活動などで長期滞在する場合にウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りて拠点としてしまうのはなかなか魅力的な使い方だったのではないでしょうか。
いつもはホテルを利用しているという方も、この機会に一度、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用してみては?

マンスリーマンション・ウィークリーマンションなら
長栄マンスリーマンション大阪受付センターへご相談ください!

マンスリーマンション・ウィークリーマンション長栄マンスリーマンション大阪 トップページはこちら

pagetop

HOME

マイページ