お得なマンスリーマンション

お得なマンスリーマンション

マンスリーマンションはお得なのか

マンスリーマンションは以下のような方にオススメです。

・出張や研修で短期的に自宅を離れるサラリーマン
・就職活動を行うために自宅から離れた地を拠点とする大学生
・大学受験のために短期滞在を考えている受験生
・短期から中期の滞在を考えているサラリーマンや外国人
・自宅の新築やリフォームに伴い仮住まいが必要な家族

上記以外にも、マンスリーマンションは社宅や社員寮としても数多くの企業で利用されています。 出張や研修、短期的な滞在が目的であるならば、ビジネスホテルを利用すれば良いのでは?と考える方もいらっしゃいます。 確かにビジネスホテルは現在、とてもリーズナブルな価格帯であり、平日であれば一泊数千円で宿泊できる所も多数あります。 しかし、ビジネスホテルはあくまで1泊あたりの料金になり、1年以上滞在するとは言っても割安になることはあまりありません。 では比較的安い一般的な賃貸マンションはどうかと考えると思います。 そこで、マンスリーマンションがどれほどお得なのか比較して行きたいと思います。

マンスリーマンションがどれほどお得なのか比較

ビジネスホテルに1ヶ月(30日)滞在する事を想定

母に聞いたところ、オーダーメイドシステムを使って予約したから、何でも揃ってるよと言われました。 驚いたのはトイレットペーパーや洗剤まで揃えられていた点です。 これまで自分達が住んでいたかのような部屋に心地よさを感じました。

わざわざ引越し業者を頼む必要がなく

すぐに電車に乗れるから本当に便利

まず、ビジネスホテルに1ヶ月(30日)滞在する事を想定します。 1泊あたり6,000円×30日で宿泊費用だけで180,000円です。1年間滞在するとなると単純に計算して2,000,000円以上も掛かります。

賃貸マンションを借りることを想定

次に賃貸マンションを借りることを想定します。 一般的な賃貸マンションを借りるとなると、まず最初にかかるのが敷金・礼金です。 1ヶ月の家賃が75,000円である場合、敷金・礼金は約225,000円です。 その他に仲介手数料が75,000円(家賃1か月分)が掛かります。 また、年間15,000円の火災保険料がかかるのも忘れてはいけません。 1年間利用することを考えると、家賃、敷金・礼金、仲介手数料だけで1,100,000円以上かかります。 それに、生活に必要な最低限の家具や家電、備品を揃えるとなると、中古であっても200,000円はかかります。 そして毎月かかる光熱費を考えると年間180,000円ほどかかるでしょう。 それらを総合すると、年間150万円以上かかる計算になります。

マンスリーマンションはビジネスホテルや賃貸マンションを利用するよりお得

では、マンスリーマンションはどうでしょうか。

当社のマンスリーマンションBクラスを例に挙げてみます。 1日あたりの賃貸料(ショート)が3,400円ですから、1ヶ月(30日)で102,000円です。 敷金・礼金は一切ありませんが事務手数料が2,000円かかります。 そして光熱費が定額となっており月18,000円です。 6ヶ月以上滞在することで家賃が月90,000円(1日あたり3,000円)と割安になるシステムになっていることから、1年間の利用で131万円ほどになります。

ちなみに、当社のマンスリーマンションなら1ヶ月以上利用することで家賃が割安になるのでとってもお得です。 比較してみて分かるように、マンスリーマンションはビジネスホテルや賃貸マンションを利用するよりもとってもお得なのです。

pagetop

HOME

マイページ